会員数を捏造している可能性が高い

会員数の多さは、利用するユーザーからすると1つの安心感に繋がります。

実際の数を明記してくれていれば何も問題はないのですが、競馬予想サイトの多くが会員数を捏造している可能性があります。

以下は参考例になりますので、ご確認下さい。

例)

ワイルドターキー
ドメイン取得日は2013年11月20日であるにも関わらず、運営半年間で会員数10万人を謳っている。明らかに無理があります。

馬ざんまい
運営を開始して2ヶ月足らずで会員数4000万人を謳っておりました。どう考えても無理ですね。

KB(現代投資競馬)
サイトTOPに大々的に2013ネンド会員数ランキングNO1という記載がありましたが、ドメイン取得日が「2014年9月29日」なので、2013年度は会員募集ができていないにも関わらず、このような表記をしています。

データプラス
サイトTOPに大々的に「1000万円獲得会員数1万人突破」と書かれています。ドメイン取得日が「2014年10月29日」で検証時はまだ3ヶ月も経過していませんでしたが、1万人も会員がいるのには非常に違和感があります。

トータルライン
ドメイン取得日は2015年01月19日で検証時、その日からまだ2ヶ月しか経過していないにも関わらず、年間獲得額1000万円以上7,500人突破とあり、明らかに辻褄が合いません。

 

これら見てわかるように、情弱な利用者をターゲットにして、どうせ調べれないだろうと高を括り、平気で情報を偽造、捏造しています。許せません。

見て頂ければわかりますが、非常にチープで信憑性に欠け、捏造されてる感たっぷりです。このような事実と反する記載は景品表示法違反ですので、絶対に騙されないようにしましょう。

 

逆に信憑性の高いしっかりした会員数の表示のさせ方として、競馬スピリッツが非常に参考になります。

競馬スピリッツはリアルタイムに反映される会員数情報をサイト内に表示しています。リアルタイムの情報は偽造できませんし、信憑性の高い情報です。悪徳サイトとどう違うのか確認してみてください。一目瞭然です。

参考)2015/5/28現在

kyapu

参考)2015/5/29現在

kyapu2

 

何の根拠もなく軽々しく、会員数を提示しているようなサイトや誇大表記をしているようなサイトは情報が捏造、偽造されている可能性が非常に高いので、鵜呑みにしないように注意しましょう。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 5/16 新潟10R 三連単で721,800円。
    独自のルートで関係者からの情報を入手しているホライズン。
    現在5連勝中の無料予想では15日の京王杯SCで66,960円の払い戻しを獲得するなど絶好調。
    的中率の高い予想で手堅く稼ぎたい方にオススメ。