後払い

競馬予想サイトの中には料金体系(契約形態)で後払いをとっている業者が存在します。

多くの競馬予想サイトが高額な料金をとりながらもデタラメな情報を提供しているので、レース的中後の後払いは一見リスクのないように思えますが、大きな間違いです。

ではどのようなリスクがあるのでしょうか。

 

これまで検証してきた後払いのサイトの中でも非常に悪評の多かった三連単必中というサイトを例に説明します。

三連単必中というサイトは2015年6月13日(土)に三連単の情報を無料で提供すると告知しておりました。
無料で情報を提供するから、それで的中を出し、そのお金で今後情報を購入しろと。

サイト内では「三連単必中が失敗する可能性は0%」と謳い、非常に自信があるように思えました。

 

レース当日、情報提供時刻の15時になっても、一向に情報が公開されません。

サイト内には「現在アクセスが集中しています」の文字。。。

サイトが開けません。。。

 

結局、サイトが開けたのは指定3レースが終了してからでした。
レース終了後、画面が切り替わり、全レース的中の画面

 

なるほどそういうことかw

 

後出しジャンケンで的中させることなら誰でもできます。確かに失敗する可能性は0%でしょうw

そして、いよいよその後営業が行われます。
的中したから、そのお金で情報を購入しろとのこと。

こんなんじゃ、誰も情報なんか購入しませんよね?w

 

ただ、競馬予想会社の中には、三連単必中のように受け身の営業ではなく、レース後に電話をかけてきて、ゴリゴリ営業してくる業者も存在します。
的中したのだから、配当の数%よこせと。

支払わないと、裁判沙汰にするとまで言ってくるようです。
もちろん支払う必要はありませんが、疑うことを知らない人や気が弱い人だとしたら、言われるがままを信用し、お金を支払ってしまうかもしれません。

よって、レース的中後の後払いには見えにくいリスクがあります。

 

この機会に是非考えてください。もし本当に100%的中させることができるなら、情報料なんてとらなくても馬券だけで食べていけますよね?

むしろ自分なら赤の他人に絶対に的中する情報なんて売りません。

 

的中後の後払いには十分にご注意ください。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 2021/10/16 阪神07R 三連単で902,160円の利益を獲得。

    無料の予想にも関わらず、圧倒的な成績を残した。

    無料予想で一攫千金を狙うなら自由になるための馬券一択!