特定商取引法が画像

特定商取引法に基づく表示がテキストではなく、画像にしているサイトは少なくありません。

通常、特定商取引法のページは修正や追加がしやすいテキストで作りますが、競馬予想サイトの中にはそのページ自体を画像にしているところがあります。

一見テキストも画像も見分けがつかないのですが、該当の箇所をクリックしたままスライドさせると、はっきり区別がつきます。

テキストの場合は、そのテキストだけが選択され、画像の場合は画像全体が選択されます。

①がテキスト。
②が画像になっています。

【参考】

クリックして下さい①

スクリーンショット 2015-05-20 18.04.19

 

どうしてわざわざ画像にするかというと、検索に引っかからないようにするためです。テキストは検索に引っかかりますが、画像内の文字は検索には引っかかりません。

よって悪評の立ちやすい、悪質な競馬予想サイトほど特定商取引法に基づく表示自体を画像にしていたりします。

悪徳詐欺サイトですよ。と自ら教えてくれているようなものです。3秒あれば確認できるので、利用を検討しているサイトがあればチェックしてみて下さい。

【特定商取引法に関連する記事】

販売業者名が事務局名やサイト名

運営責任者の記載なし

住所がデタラメ・存在しない・記載なし

特定商取引法に基づく表示そのものがない

振込名義が個人名義

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 4/4 中山4R 三連単で862,500円。

    検証開始から未だに勢いが衰えないカチウマ。

    無料予想はたった3ヶ月で50万円を超える利益を獲得。

    競馬ファンの間でも規格外の回収率だと話題沸騰中!