【中山記念(G2)2018回顧】平凡な時計で参考になりづらいレース

中山記念(G2)レース結果

今年も少頭数ながら粒揃いの実力馬が揃った中山記念。

レース展開は前半そこそこ流れたものの
レース全体としては勝ちタイムが遅く、
平凡な結果となりました。

勝ったのは好位置から伸びてきたウインブライトが
前2頭を抑えて1着でゴール。

去年末から調子を上げてきていたこの馬が
G2レース2勝目を飾りました。

それでは中山記念を振り返ってみます。

中山記念(G2)レース回顧

まずはスタート。

出遅れたのはマイネルハニー。
1番人気のペルシアンナイトも出負けして後方からのスタート。

良いスタート切ったのは、やはりマルターズアポジー。

ダッシュをつけて一気にハナを切ります。

外からはアエロリットも追いかけて番手に。

3番手には少し離れてディサイファ、
外にウインブライト、内にはサクラアンプルール。

その後ろにマイネルハニー、ヴィブロスが続き、
マイネルサージュ、ショウナンバッハ、ペルシアンナイトの順。

1コーナーを回り、マルターズアポジーは
番手のアエロリットに2馬身のリード。

アエロリットと3番手のディサイファの間は、
5、6馬身ありましたので、隊列はかなり縦長になりました。

前半1000Mのタイムは59.2秒。

11秒台で刻むタフな流れではありましたが、
後ろの馬との差がかなり開いていたので、
ペルシアンナイトの位置では61秒を超えるくらいの
ペースだったでしょう。

3コーナーを回った地点。

ここでもペルシアンナイトは前に出てこず後方のまま。
最後の直線が短いだけに、離れすぎていると感じました。

4コーナー地点でようやく各馬が仕掛けてきます。

まず外から一気に追い込んできたのはウインブライト。

4コーナーでディサイファを交わし、
最後の直線入り口でアエロリットも交わしていきます。

最後の直線。

先頭は変わらずマルターズアポジー。

後続を2馬身程離して進んでいきます。

後方からはサクラアンプルールが一瞬グッと
前に寄ってきますが、そこまでは伸びず。

ペルシアンナイトはまだ伸びず後方のまま。

残り150M。

ここでウインブライトがマルターズアポジーを交わして、
先頭に立ちます。

アエロリットもジワジワと伸びて粘っています。

残り100M。

ここでやっとペルシアンナイトが追い込んできて、
前との差を詰めていきますが、
前も粘っていたので一気に詰める事ができません。

最後はウインブライトは力強く伸びて1着でゴール。

2着はアエロリット、3着はマルターズアポジーと
逃げていた2頭がしぶとく残ってゴールとなりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

中山記念(G2)各競走馬の回顧

■ウインブライト(1着)
前半は前2頭から大きく離れていましたが、
ディサイファの後ろ4番手の位置で進めていました。

最後は4コーナーで前に行き、
ジリジリとしぶとく抜け出してゴール。

中山が得意という事もありますが、
立ち回りも旨いですね。

まだもう一成長欲しいところですが、
次走の走りにも期待したいですね。

■アエロリット(2着)
前半は積極的にマルターズアポジーに
ついていき最後まで粘って2着でゴール。

これまでの対戦相手からしても
相手関係的に今回は厳しいと思いましたが、
牡馬相手によく走ったと思います。

このペースで崩れなかったので能力は高いですね。

ヴィクトリアマイルが楽しみです。

■マルターズアポジー(3着)
今回もハナを切って前に行ったマルターズアポジー。

ベストな距離ではありましたが、
もう少し後ろが来ると思いましたので、
読み間違いでした。

こういう時はしっかりと残ってくるので、
狙い目が難しいですね。

G1では期待できたいと思いますが、
またどこかで思わぬ好走をしそうです。

■サクラアンプルール(4着)
中団の位置から最後は伸び足らず、
3着と1馬身以上離されて4着と完敗。

この馬にとって悪くはない流れだったと思いますが、
昨年とは違い4コーナーで脚を使い過ぎたのが敗因でしょう。

距離はもう少し伸びた方がいいと思いますので、
また中距離の舞台でヒモで狙ってみたいと思います。

■ペルシアンナイト(5着)
出負けして最後方から発進。

道中は押し上げる事なく、
最後は外をぶん回して直線に入っていきます。

ただ、ロスも多く前も粘っていたので、
届かず5着と完敗。

デムーロ騎手にしては珍しくレース運びが悪かったですね。

向正面の直線でいくらでも前に行けるチャンスは
あったはずです。

それでも5着に喰い込んできていますので、
評価は落とさず次走に期待したいと思います。

■ヴィブロス(8着)
後方からこちらも外を回して最後の直線に向かいますが、
伸び負けして8着と惨敗。

コーナーから伸びてくると、
この馬のトップスピード持続力が活かされないのかもしれません。

最後に長い直線が待っているコースの方が
良い伸びをしてくると思いますので、
東京、京都などの舞台でまた期待したいと思います。

思った以上に平凡な時計となった今回のレース。

なかなか参考になりづらいレースでした。

それでは次回のレース予想は、
_______
3月4日(日)
弥生賞(G2)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は皐月賞と同舞台で行われる
トライアルレース、弥生賞。

数多くのG1馬を輩出しているこのレース。

今年の3歳馬がどのような走りを見せてくるのかが、
楽しみですね。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 9/27 中山6R 三連単で1,039,310円

    予想の精度はもちろん、回収率も申し分無し。

    ここ1ヶ月の無料予想では30万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報はまさに敵なし。

  • 9/27 中山1R 三連単で891,360円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中。

    さらに!

    コロナで無観客開催となっている今がアツい!!

    無観客開催となった3月からの成績は右肩上がり

    ガチ競馬愛用のオススメサイトです!

  • 9/27 中山5R 三連単で2,251,600円。

    無料予想の合計獲得利益はなんと・・

    60万円オーバー!!!

    有料予想に至ってはたったの2レースで110万円超えの利益を獲得!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。

  • 9/27 中京7R 三連単で480,000円。

    無料予想ながら、公開される券種は3連単。

    「3連単?なら当たんないじゃん」

    と思ったそこの貴方。

    AXKEIBAにかかれば3連単の的中は朝飯前なんです。

    本当かって?

    使ってみればわかりますよ。