【東京新聞杯(G3)2018回顧】4歳馬の今後の飛躍が楽しみになったレース

東京新聞杯(G3)レース結果

先週は東京マイル戦の東京新聞杯が行われました。

昨年、なかなか重賞レースで結果を残せなかった馬が
多く参戦し、見ごたえのあるメンバーとなりました。

レースは中団で競馬を進めていたリスグラシューが
最後はシブとく伸びて1着でゴール。

昨年からの連敗続きを払拭し、
良いスタートを切りましたね。

それでは東京新聞杯を振り返ってみます。

東京新聞杯(G3)レース回顧

まずはスタート。

出負けしたのはダノンプラチナ。
最後方からのスタートとなってしまいました。

対していきおいよく前に行ったのは、
予想通りトウショウピスト。

内からディバインコードもついていきます。

その後ろからはマイネルアウラート、
そして意外にも前に出てきたのが、
グレーターロンドン。

その内側にベルキャニオン。

すぐ後ろにダイワキャグニー、
リスグラシュー、クルーガーと
人気どころが前目に集まりました。

中団後ろにはストーミーシー、
アドマイヤリード、デンコウアンジュ。

後方にはガリバルディ、ハクサンルドルフ、
カデナ、サトノアレス。

そして最後方にダノンプラチナという隊列。

ディバインコードがやや後ろに下げましたが、
隊列はほぼ変わらず進んでいき、
トウショウピストが先頭のまま、番手にマイネルアウラート、
後ろにはグレーターロンドンの順番で進んでいきます。

1000Mのタイムは60.0秒。

3コーナーを回ったあたりから、
かなりペースは緩んで隊列も縮まっています。

4コーナー付近からペースは一気に上がり、
残り3F地点のタイムは11.1秒と
かなり速いタイムが出ていました。

最後の直線に向かい、トウショウピストが
1馬身程リードして先頭を走ります。

その後ろでは馬群が固まっており、
まず、外からグレーターロンドン、マイネルアウラート
内からディバインコードが前を捕らえていこうとしますが
グレーターロンドンの伸びはいまいち。

その後ろからダイワキャグニー、ディバインコード、
ベルキャニオンがジワジワと上がってきます。

各馬、横一線でしたが、
残り2Fで一気に突き抜けて先頭にたったのはリスグラシュー。

そして、その直後、
後方から最内を回してきたサトノアレスも
2番手に上がってきます。

残り100M、
ダイワキャグニー、サトノアレスがジワジワと
伸びてきてリスグラシューを猛追しますが、
完全に1馬身抜けたリスグラシューには届きません。

そのままリスグラシューが力強く駆け抜けて1着でゴール。

2着には良い脚を使って伸びてきたサトノアレス、

ダイワキャグニーも
シブとく伸びましたがわずかに届かず3着となりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

東京新聞杯(G3)各競走馬の回顧

■リスグラシュー(1着)
中団から最後の直線でスッと前に出てきて、
最後までシブとく伸びて1馬身開ける完勝。

左回りでの反応は良いと思っていましたが、
ここまで伸びて来れるとは思いませんでした。

道中がやや緩む展開で左回りなら、
今年はこの馬が伸びてくるかもしれませんね。

成長を感じられた走りでしたので、
今後が楽しみです。

■サトノアレス(2着)
やや出負けして後方からの競馬となりましたが、
最後は内を上手く立ち回り、上がり最速で伸びてきました。

序盤でもう少し前に行けていれば良かったのですが、
前に行ったらいったで最後が甘くなりそうですので、
このあたりを改善できればと思いますね。

まだトップレベルで勝負はできないかもしれませんが、
今後の成長に期待したいです。

■ダイワキャグニー(3着)
グレーターロンドンの後ろで中団から進め、
最後はジリジリと外の馬よりは伸びてきましたが、
やや甘くなって3着。

もう少し前目で流れた方がこの馬の良さは出たと思います。

長い脚は使えるので、
2000M前後の距離で今後も好走してきそうです。

■デンコウアンジュ(4着)
やや後方から進め、
最後は馬群を割って伸びてきましたが、
後一歩届かず4着でした。

得意な東京マイルなので、
怖い存在でしたが惜しかったですね。

上位馬との力差はあるのですが、
またどこかで好走してきそうです。

■クルーガー(8着)
中団から進め4コーナーあたりから
早めに動きましたが最後のキレ味は悪く、
伸びきれずに8着と完敗。

最後の直線までの展開は良かったと思いますが、
キレ味は弱い馬なので、その点がもろに出ましたね。

マイルは合ってないかもしれません。

もう少し長い距離の方が良さそうです。

■グレーターロンドン(9着)
今回は出負けせず先行策で前に行きましたが、
最後の直線で伸びを欠いて9着と惨敗。

前には行きましたが、
この馬にとってはそこまで速い流れではなかったので、
最後の直線は不満が残るレースでした。

上手くこの馬のキレ味を引き出せなかった事が要因でしょう。

前に行ってもいいかもしれませんが、
後ろからの方がこの馬にとっては
トップスピードに上手く乗せやすいのかもしれません。

能力的には優れているので、
次走も期待したいと思います。

予想以上に高いレベルで争われた今回の東京新聞杯。

勝利したリスグラシューの飛躍が楽しみですね。

それでは次回のレース予想は、
________
2月11日(日)
京都記念(G2)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は天皇賞(春)のステップレース
京都記念が行われます。

ここの出走馬が天皇賞を制覇する事が多く、
今年も数は少ないながら昨年G1で活躍した馬が
多く出走します。

馬券的にはケンでも良さそうな気はしますが
注目のレースです。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 9/27 中山6R 三連単で1,039,310円

    予想の精度はもちろん、回収率も申し分無し。

    ここ1ヶ月の無料予想では20万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報はまさに敵なし。

  • 9/27 中京1R 三連単で567,720円。
    今週は各プラン合わせて29レースの的中を実現。

    無料予想の利益は50万円オーバー。

    安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。

    うま屋総本家は3連単予想に優れているので一攫千金を狙うなら絶対ココ

  • 9/27 中山1R 三連単で891,360円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中。

    さらに!

    コロナで無観客開催となっている今がアツい!!

    無観客開催となった3月からの成績は右肩上がり

    ガチ競馬愛用のオススメサイトです!

  • 9/27 中山5R 三連単で2,251,600円。

    無料予想の合計獲得利益はなんと・・

    70万円オーバー!!!

    有料予想に至ってはたったの2レースで110万円超えの利益を獲得!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。