Home  >>  【神戸新聞杯(G2)2017回顧】春の実力馬の成長が見れたレース

【神戸新聞杯(G2)2017回顧】春の実力馬の成長が見れたレース

神戸新聞杯(G2)レース結果

少々小粒なメンバーでしたが、
レイデオロやサトノアーサーなど
春に活躍をみせた馬が争った神戸新聞杯。

予想通りのスローな展開で瞬発力勝負となりました。

結果はダービー馬のレイデオロが
好位から楽に抜け出してあっさりと勝利しました。

それでは神戸新聞杯を振り返ってみます。

神戸新聞杯(G2)レース回顧

まずは、スタート。

出遅れが目立ったのはタガノシャルドネ、タガノヤグラ。

対してアダムバローズが勢いよく好ダッシュを決めました。

その後ろには内から外に持ち出したダンビュライトが続きます。
外からはマイスタイルが上がってきて3番手に。

その後ろには意外にもすんなりと好スタートを切った、
レイデオロとサトノアーサー。

やや出遅れるかと思いましたが、
この好スタートは成長した証拠でしょうか。

この2頭の後ろには、
ベストアプローチ、カデナ、エテレインミノルが続きます。

そして、中団後ろに内にキセキ、外にアドマイヤウィナーの順。

前半1000Mのタイムは61.4秒。

縦長の隊列でしたので、
中団あたりは更に遅かったと思います。

隊列はほぼ変わらず淡々と流れ、
動いたのは3コーナー付近。

レイデオロが徐々に前にいき、
先頭との差を詰めていきます。

4コーナー途中からの下り坂では、
中団勢も上がっていきます。

レイデオロは一気には上がらず、
様子を見るような感じで徐々に前に出し最後の直線へ。

前を向いてからはダンビュライトが先頭を走り、
序盤はレイデオロも抜け出すタイミングを計るような感じに。

先頭を走っていたアダムバローズは徐々に後退。

ダンビュライト、レイデオロの2頭の後ろは、
サトノアーサーが追走してきましたが、伸びはいまいちです。

残り200M。

レイデオロがさっと抜け出し先頭に立ち、
同じタイミングで内にいたキセキが伸びてきて、
一気に2番手に浮上します。

ただ、先頭には全く届かず、
レイデオロが2馬身差を開ける圧勝で勝利しました。

2番手にはキセキ、
3番手はなんとかダンビュライトを差した
サトノアーサーとなりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

神戸新聞杯(G2)各競走馬の回顧

■レイデオロ(1着)
先行からの好位置で最後はスッと伸びてきて
余裕の勝利。

ダービーの時は出遅れていましたので、
その点を克服してきたのでしょうか。

今回は楽ではないメンバーでこの圧勝ですので、
成長を感じられる走りでした。

序盤はスローが良さそうなので、
中距離路線なら、この秋の走りが楽しみですね。

■キセキ(2着)
やや出負けしてから終始やや後方の内の
ポジションを獲っていました。

最後は良く伸びていましたが、
レイデオロには2馬身差を開けられる完敗。

最後に内から外に出すロスはあったものの、
道中では最小限のロスで進んでいたと思います。

あの位置取りで届かなかったのですから、
レイデオロの能力を評価したいですね。

■サトノアーサー(3着)
レイデオロをマークするような形で
終始進んでいましたが、最後は伸び足らずに3着。

この馬にとってはスローからの瞬発力勝負は、
理想的な形だと思いますので、
ちょっと物足りない走りでしたね。

ダービーの時もそうですが、
ペースを上げる位置が早い事で、
終いの脚が削がれる感じですね。

距離がもう少し短い方がいいかもしれません。

■ダンビュライト(4着)
先行策で終始2番手で進めて、
最後までしぶとく粘っていましたが、
甘くなってしまい差されて4着。

この馬も少し距離が長かったかもしれませんね。

今回のようにスローな展開は合わず、
皐月賞のように流れた方が良さそうです。

■アドマイヤウイナー(5着)
中団で進めて最後は伸びてきましたが、
そこまで追走する事はできず5着。

キレ味がないだけにこの展開は
厳しかったと思います。

持続力はありますので、菊花賞では楽しみです。

■ベストアプローチ(6着)
道中は中団で進めて最後手が動いていましたが、
伸びはなく6着敗退。

スローな展開でロスなく進めていたので、
この馬にとっては良い展開だったと思いますが、
意外と伸びなかったですね。

調整が上手くいかなかったのでしょうか。
少しパフォーマンスを落としている気はします。

シブとく長い脚を使えるので菊花賞では
面白いかもしれませんね。

レイデオロ、サトノアーサーは菊花賞には
出走しない事を発表しているので前哨戦の材料を得るには、
微妙なレースとなりましたね。

それでは次回のレース予想は、
________________
10月1日(日)
スプリンターズステークス(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ようやく秋のG1は開幕します。

初戦は短距離戦のスプリンターズS。

短距離馬にとっては大目標となるレースですね。

ステップレースのセントウルSとは毛色が違うレースですので、
その点に注意して予想していきます。

無料で登録できる、優良な検証済み競馬予想サイトです!

  • daily-horse

    毎日情報

    11/10 京都6R ☆☆☆☆情報で的中 1,369,550円の払い戻し。先週は☆4〜プランの調子がいい感じ。 他のプランも的中率が安定して高配当を得ている。口コミ人気上昇中。

  • turf

    ターフ(TURF)

    11/10 東京10R 奥多摩ステークスで1,515,250円の的中を確認。昨年からノッているTURFは今年も絶好調。登録週から参加できる無料情報も好調で今後の予想にも期待できる。

  • keibatown

    ケイバタウン(KEIBA TOWN)

    11/10 福島4R 障害3歳以上未勝利 三連単で834,200円。高配当狙いの競馬サイトだが的中率は安定していて穴狙いの3連単でも的中を連発。10は合計8鞍の的中。

  • uma-ya_thumbnail

    うま屋総本家

    11/10 京都3R 三連単で563,510円
    今週は17本の的中を実現。安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。
    無料予想の精度も安定しているので競馬初心者でも安心して利用可能。