【第76回 菊花賞(G1)2015 回顧】各馬が長所を生かした見応えのあるレース

菊花賞(G1) 先週のレース傾向

今年は実力も横並びで例年に比べると
少しレベル的には低かった菊花賞。

タイム的にも標準でハイレベルではなかった事が伺えます。

展開を作ったのは、
先行したスピリッツミノルとリアファル。

3コーナーあたりで、3000Mに慣れていない馬は
もうすぐゴールだと勘違いしてしまいますので、
行きたがっている馬が多く見受けられましたが、
ここで抑えておかないと最後が厳しくなってしまいます。

そして、動きがあったのが2度目の上りの手前。

ペースが大幅に遅れ、ミュゼエイリアンが先頭に立ちました。

前が変わったことで、つられてしまう馬もいましたが、
そんな中、グッッとこらえたキタサンブラックが
内からするどい脚で伸びてきました。

最後は、外から迫るリアルスティールを凌いで勝利。

北村騎手の絶妙な判断が光っていましたね。

レースの流れに乗らず、自分のペースを貫く事は
そう簡単な事ではありません。

騎手の判断に応えたキタサンブラックも素晴らしいでしょう。

それでは、
上位人気馬、注目馬の走りを見ていきましょう。

菊花賞(G1) 各競走馬のレース回顧

■キタサンブラック(1着)
マイラー血統なのにも関わらず、
この3000Mでの勝利はお見事と言わざるを得ません。
結果的には1着となりましたが、
この馬を軸にするには血統しかり、スピード面しかり、
不安要素があったと感じる競馬ファンも少なくないはず。
ただ、このような器用さが求められるレースでは、
この馬のような総合力の高さが光るのでしょう。

■リアルスティール(2着)
レース前はとても落ち着いていましたが、
途中つっかけた馬につられてしまったのが最後に響いてしまいました。
とはいえ、道中接触もあり揉まれながらでも、
最後には一番伸びてきて2着という成績は評価できるでしょう。
もう少し展開が向けばという印象でした。

■リアファル(3着)
リアファルも急なペースアップが最後の失速に繋がってしまいました。
枠順も良くなく、展開も壁が出来る場面が多く良い流れとは言えませんでした。
あえなく沈んでしまうと思いましたが結果は3着。
この馬もポテンシャルは間違いなくあります。

■タンタアレグリア(4着)
結果は馬券に絡む事は出来ませんでしたが、
良い走りを見せてくれました。
立ち回りがもう良ければ3着も狙えたと思います。
もう少し成長が欲しいところではありますが、次走以降も期待したいですね。

■スティーグリッツ(11着)
派手に出遅れてしまい最後方からのスタート。
スタートを含めて実力ですからこの点は解消できないと
今後の戦いは厳しくなりますね。
とはいえ、4コーナーは悪くありませんでしたし、
今後の成長に期待したいと思います。
そして、今回はちょっと過剰人気になってしまった感はあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サトノラーゼンは展開がかみ合っていませんでしたね。

接触もあり、前に壁もできており、仕掛けも遅れていました。
それでも5着になった点はダービーでの実力は本物である
証明となりました。

今回はキレ味を活かしきれなかった感じが否めませんので、
次走に期待です。
サクラバクシンオーの血を引く、
キタサンブラックが勝利した今回の菊花賞。

本質的にはマイラー血統なだけに、
キタサンブラックに重い印を打つ事ができた人は、
すくなかったのではないでしょうか。

道中での色々な動きや、
予想外な展開も含めて面白い菊花賞でしたね。

やはり長距離は長距離の魅力があると思いました。
次のレース予想は、

11月1日(日)天皇賞・秋(G1)

古馬と3歳馬がぶつかり合う天皇賞。
3歳馬は過去10年で勝利はありません

注目はやはり、エイシンヒカリとなるでしょう。

そして、3連勝中のラブリーデイも人気が集まりそうです。

エイシンヒカリとラブリーデイ。
この2頭の対決が楽しみです。

その他にも好走歴のある馬は多くいます。

毎年、震えるようなドラマがあるこのレース。
今年はどの馬が激走するのか!?

今回もコースや血統から紐解いていきたいと思います。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 5/2 東京11R 三連単で825,200円。

    無料予想の利益は120万円を突破!

    月間30万円の利益も狙えるアルカナムの予想を今すぐチェック。