特定商取引法に基づく表示そのものがない

インターネットを利用して通信販売や有料情報の販売、提供を行う場合、消費者を保護するためにサイト内に特定商取引法に基づく表示は義務付けられています。

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止するための決まりであり、事業者が守るべきルールを記載したものです。

その記載がないというのは、法律を無視していることを認め、全面的に悪徳サイトであることを示しているようなものです。

知らなかったでは済まされません。

そのサイトを警告し、表示義務を果たしてもらいたいところですが、多くのサイトが知った周知の上、表記をしていないと思えるため、特定商取引法に基づく表示がないサイトは最初から利用しないほうが賢明でしょう。

まずサイトを開いたら特定商取引法に基づく表示があるかどうか確認してみて下さい。※会社概要とは異なります。

【特定商取引法に関連する記事】

運営責任者の記載なし

住所がデタラメ・存在しない・記載なし

特定商取引法が画像

販売業者名が事務局名やサイト名

振込名義が個人名義

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 4/10 阪神5R 三連単で836,100円。

    検証開始から未だに勢いが衰えないカチウマ。

    無料予想はたった3ヶ月で50万円を超える利益を獲得。

    競馬ファンの間でも規格外の回収率だと話題沸騰中!