競馬で勝つにはワイドボックスの4頭買いが最強!ガチ検証した結果・・

競馬 ワイドボックス4頭買いのサムネイル

『ワイドって当たりやすいって聞くけど実際はどうなの?』

『ワイドは高配当になりにくい賭け方だから、当たっても稼げないイメージが強いなぁ』

こんなイメージを持っていませんか?

ワイドに対する感じ方は人それぞれあると思いますが、買い方を工夫すれば的中率と回収率のバランスが取れる賭け方なんです!

そこで今回は『ワイドボックスの4頭買いを使って勝てるのか』について執筆したので、御覧ください。

【はじめに】今が狙い目の当たる競馬予想!

当サイトのガチ競馬は普段、様々なメディアを確認し『当たる予想』がないかどうかをガチ調査して予想もとを特定しています。

当たる予想もとを特定しておく理由は、自分で予想する時間をまるっと削減できますし、何より実績があるので予想に乗っかるだけで安定してプラスが期待できるからです。

ガチ競馬が調査しているのは以下の5つ。

  • 芸能人予想
  • 競馬予想家
  • AIサイト
  • 競馬YouTuber
  • 競馬予想サイト

これまでのガチ競馬の総合的な調査回数は10,000回超え!

その上で、現時点で当たる競馬予想を公開しているのがこちらです。

※表は右スクロール可能。

予想もと 払戻金 的中率 回収率 戦績 買い目点数 1Rあたりの
馬券代
291,650円 72% 324% 18戦13勝5敗 10点 5,000円
えぶり 228,650円 82% 269% 17戦14勝3敗 3点 5,000円

数あるジャンルの中でも特に優秀だったのは『競馬予想サイト』。

競馬予想サイトが他のジャンルと決定的に違うのは、情報ルートです。

上記の予想サイトは企業レベルの資金を投入し、元騎手や馬主といった関係者から情報を入手

そこで得た情報をもとにベテラン馬券師に予想してもらうことで、一般人では決して真似できない精度に仕上げています。

コスパを重視して稼ぎたいなら暁。

とにかく当てたいならえぶりの予想で勝負!

どちらのサイトも登録から予想の受け取りまで完全無料なので、この機会にぜひ試してみてください!

ワイドボックスとは?

競馬 ワイドボックス4頭買いのトップ画像

ワイドの買い方は以下の3つ。

  • ながし
  • フォーメーション
  • ボックス

この中でボックスという買い方は選んだ馬が馬券に絡めば、組み合わせに関わらず的中します。

一方でながしとフォーメーションは、軸に選んだ馬が3着以内に入らなかった時点で不的中。

つまりワイドボックスにすれば、当たる確率がグンと上がるという事になります

理論的にはボックス買いなら3頭だけ選んで全的中する可能性も充分にありえる買い方です。

競馬でワイドボックスの4頭買いがおすすめの理由

競馬 ワイドボックス4頭買いのおすすめの理由

買い方も大切ですが、買い目に何頭含まれるかも重要です。

ガチ競馬ではワイドボックスで勝負をするなら、4頭買いを推奨します。

その理由をご紹介するので、ご覧ください。

おすすめの理由1‐本命と穴馬をバランスよく選べる‐

先程、ワイドのボックスは当たる確率が高い買い方とお伝えしました。

一方で配当が低くなりがちなので、大きく稼ぐのは難しいです。

しかしワイドボックスの4頭買いなら、本命と穴馬をバランスよく買い目に含める事ができます

一般的にワイドで配当が低めな組み合わせは以下の通りです。

  • 上位人気と上位人気
  • 上位人気と中穴

配当が高くなりやすい組み合わせ。

  • 上位人気と大穴
  • 中穴と中穴
  • 中穴と大穴

実際に中穴・大穴が馬券に絡むレースを当てるのは難しいですが、ワイドボックスなら可能性はあります。

4頭を選ぶ際に「上位人気1頭・中穴2頭・大穴1頭」を意識してみて下さい

ボックスなら組み合わせに関わらず、当てる事ができます。

おすすめの理由2‐全ての組み合わせを当てる事もできる‐

ワイドは着順に関わらず、2頭の組み合わせを選ぶ券種です。

またボックスも選んだ馬が馬券に絡めば、予想を当てる事ができます。

例えば、4頭買いで①〜③が馬券に絡んだとしましょう。

ボックスの場合。

①②・①③・②③の3通りが的中します。

ながしの場合。

  1. ②・③・④

①②・①③の2通りが的中。

フォーメーションの場合。

  1. ①・②
  2. ③・④

①③・②③の2通りが的中!

必ずこのような結果になる訳ではありませんが、それぞれの買い方を見てみるとボックス買いだけが全ての組み合わせを当てる事ができます。

また流しやフォーメーションは点数を抑えられる反面、軸に選んだ馬が馬券に絡まなければ不的中。

コストを抑えられても当たらなければ、意味がありません。

着実に当てるためにボックス買いをおすすめします

その中でも「上位人気1頭・中穴2頭・大穴1頭」の4頭買いなら、的中率を担保しつつも高配当を狙う事ができるでしょう。

おすすめの理由3‐馬券代を抑えて勝負ができる‐

ボックス買いをすると選んだ馬の全ての組み合わせが含まれるため、点数は増えてしまいます。

ワイドを含めたボックスの点数はこちら。

競馬 ワイドボックス4頭買いの点数表

出典:JRA

同じ4頭買いでも3連単では24点も点数が増えてしまいます。

また3連複はワイドより点数は減りますが、的中率は0.12%。

対するワイドは1.96%なので、的中率とのバランスを考慮するとやはりワイドボックスの方が勝つ可能性があります

ただ的中率を下げても、配当を高くしたい方はワイドボックス以外で勝負をしてみてもいいかもしれません。

ワイドボックスの4頭買いを避けた方がいい場合

競馬 ワイドボックス4頭買いを避ける理由の画像

続いてはワイドボックスの4頭買いでの勝負を止めた方がいいパターンをご紹介します。

避けた方がいい場合‐出頭数が多いレース‐

他の買い方よりも当たる確率が高いワイドボックスですが、出頭数が多くなれば難易度も上がります。

仮に16頭のレースをワイドで勝負した場合、120通りの組み合わせになるため点数6点で当てるのはかなりキツイです。

参加したいレースが多頭数の場合は点数を増やしてみてもいいかもしれません。

出頭数が増えれば配当も高くなるので、多少点数を上げても収支はプラスになるでしょう

競馬予想でワイドボックスの4頭買いを行った結果

ここまででワイドボックスの4頭買いが的中率と配当を担保できる事をご紹介しました。

では実際に予想に参加してみて利益を得られるのか。

検証をした結果はこちら。

戦績 30戦12勝18敗
的中率 40%
回収率 125%
馬券代 18,000円
払戻金 22,500円
利益 +4,500円

的中率は40%。

一見、低いように感じますが、競馬の的中率は平均15%です。

それを踏まえると、ワイドボックスで勝負をしたからここまで当てる事ができたのでしょう。

さらに回収率は125%!

回収率100%を超えるだけでも素晴らしい結果です。

しっかりと収支をプラスにすることができています。

ただ選ぶ4頭を上位人気で固めてしまうと、配当が低くなりトリガミになる可能性が高いです。

ワイドボックスで勝負をするなら、ガチ競馬がおすすめした「上位人気1頭・中穴2頭・大穴1頭」を参考にしてみて下さい。

競馬のワイドボックス4頭買いのまとめ

ここまでワイドボックスの4頭買いをおすすめする理由についてご紹介しました。

また実際に4頭買いをしたところ予想の精度は微妙でしたが、収支をプラスにする事に成功

しかし高額払戻金を得るにはまだまだです。

さらに多くの利益が欲しい方はガチ競馬お墨付きの競馬予想サイトを試してみて下さい。

競馬で勝つにはワイドボックスの4頭買いが最強!ガチ検証した結果・・の口コミ

項目を選択してください
口コミ