【マイルチャンピオンシップ(G1)2016予想】今年は混戦で荒れる雰囲気が漂う

今週は秋のマイル王者を決める一戦、マイルCS。

数々の名マイラーがこのレースを勝利しており、
昨年はマイル王のモーリスが圧勝しましたが、
今年はこれといったマイラーもいない模様です。

舞台は先週のエリザベス女王杯と同じ舞台の京都。

こちらも展開などに左右されやすいレースですので、
予想はなかなか難しい感じになるでしょう。

まずは、過去の傾向から見ていきます。

人気順から見る過去傾向

☆堅い傾向にあるものの、騎手次第か☆

1番人気は勝率こそ30%と低いものの、
複勝率80%と安定した成績です。

厳しい流れになるレースですので、
地力が問われるためでしょう。

2~5番も割りと安定した成績で、
近年は堅い傾向にあります。

ですが、このレースは展開に大きく左右されるので、
レースを作るのが上手いジョッキーが武器のある馬に
騎乗すればチャンスはあると思います。

年齢から見る過去傾向

☆3歳馬が大不振☆

各年齢共に出走頭数は変わらないものの、
過去10年で牡馬・牝馬共に3歳馬は
25頭中1頭しか馬券内に入っていません。

器用さも求められるレースですので、
古馬の方が上手く立ち回る事ができるのかもしれませんね。

脚質から見る過去傾向

☆逃げの好走は難しい☆

逃げ馬は過去10年で1頭しか、
馬券に絡んでいません。

最も多いのは差し馬。

ただ、一瞬の脚を使える馬ではなく、
最後、長い脚を使える馬が有利になります。

先行・追い込みも喰い込んできますが、
選ぶ際は長い脚・粘れる脚があるかどうかで、
判断したいと思います。
それでは、コースから、
マイルチャンピオンシップの展望を見ていきましょう。

マイルチャンピオンシップ(G1) コース解説

マイルCSは京都1600Mで行われます。

スタートは向こう正面、2コーナーのポケットから。

最初の直線は長く、400M程の平坦が道が続きます。

長い直線ではありますが、先行争いが激しくなる事が多く、
逃げ馬の質によってはかなりのハイペースになる事もあります。

逃げ馬が外に入るとハイペースになりやすい傾向ですね。

スタートから400Mで上り坂に入りますが、
ペースはそこまで緩まないので、
消耗戦になるケースが多いです。

上りが終わるとゴール手前までは下り坂ですが、
ここで勢いに任せて行ってしまうと最後の直線でバテてしまいます。

最近では前崩れになる事が多いですね。

最後の直線は400Mとやや長めの距離ですが、
この直線がどんな戦いとなるのかという事は、
先週のエリザベス女王杯と同様、年によってさまざまです。

・厳しい流れに耐えきる自力がある馬
・先行力があり最後まで粘れるスタミナがある馬
・一瞬のキレ味に優れた馬

このように来ている脚質がバラバラです。

4コーナーの流れが大切ですので、
誘導がうまい騎手から選んでもいいと思います。

マイルチャンピオンシップ(G1) 注目馬予想

今回の出走馬は以下の18頭

・イスラボニータ
・ウインプリメーラ
・ガリバルディ
・クラレント
・サトノアラジン
・サトノルパン
・サンライズメジャー
・スノードラゴン
・ダコール
・ダノンシャーク
・テイエムタイホー
・ディサイファ
・ネオリアリズム
・フィエロ
・マジックタイム
・ミッキーアイル
・ヤングマンパワー
・ロードクエスト
では、この18頭の中から調教具合や血統、適正などを加味して、
マイルチャンピオンシップの注目馬をあげていきましょう。

■サトノアラジン
現在のマイル戦ではやはり、
この馬が一番なんじゃないかと思います。

安田記念でもロスが無ければ馬券内にも
十分入ってた走りだと思いますし、能力は確実に上位。

昨年の同レースも強豪相手に4着とマイル戦で安定した
走りを見せてくれています。

休み明けの前走でも終い脚は良いものを出していましたので、
パフォーマンスが上がる今回は更に期待したいところです。

■マジックタイム
ここ1年で馬券内を外したのは、
ヴィクトリアマイルの1戦のみと安定した走りを見せています。

今年4月のダービー卿Cでは牡馬相手に1着と、
善戦していますので、ここでも侮れないと思います。

今回の騎乗もダービー卿Cでコンビを組んだシュタルケ騎手ですので、
相性は問題ないでしょう。

■ディサイファ
近走は勝ち切れない競馬が続いていませんが、
崩れているという訳ではありません。

マイル戦の経験はほとんどなく、
中距離タイプの馬だとは思いますが、
器用なタイプでトップスピードの持続力もあるので、
今回のレースには合っていそうな気もします。

スタートも良く好位置を獲れるのもポイントが高いですね。

雨で馬場渋れば尚良いと思います。

■ロードクエスト
3歳馬で唯一、古馬に挑戦するロードクエスト。

データ的には3歳の好走は少ないので、
過信は禁物ですが、今の3歳馬の能力的には切りづらいですね。

前走は大敗していますが、
今回は調整してくるでしょう。

鋭い脚は一級品ですので、
スムーズにいけば抜けてくるかもしれません。

距離適性は抜群だと思いますので、
この馬の走りは楽しみです。

■ガリバルディ
前々走の中京記念では目を見張るような、
走りを見せてくれました。

富士ステークスでは遅すぎたペースに合わなかった感じですので、
参考外でもいいと思います。

まだ重賞の経験が少ないものの、
能力が開花しつつ今は侮れないでしょう。

瞬発力を活かせる騎乗ができれば上位に入れる可能性もありますので、
穴馬としては面白い存在ではないでしょうか。
◇━━━━━━━━━━━━━━━◇

以上が現時点での注目馬です。

ヤングマンパワーも総合力が高く、
良い素質はありますが、展開と騎乗に助けられている
ケースが多いので今回は不安ですね。

予想オッズを見ても上位6頭くらいまでは割れており、
実際のレースも混戦になりそうです。

幅広く馬単などで攻めるのが良いかもしれません。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 7/25 函館2R 三連単で924,350円。

    検証開始から4戦無敗を記録し、圧倒的な安定感を見せているショウリウマ。

    ただ当てるだけでなく、しっかり稼げるのも魅力。

    安定感と爆発力を欲張りたい方は要チェックです!