【ヴィクトリアマイル(G1)2018回顧】馬場の影響はないが騎手の心境に左右されたレース

ヴィクトリアマイル(G1)レース結果

今週は古牝馬のマイルG1ヴィクトリアマイルが
行われました。

馬場は土日を見ていても高速馬場でしたね。

15時くらいから雨が強くなってきましたが、
それほど馬場には影響は無かったでしょう。

ただ、騎手が雨を意識した事により、
スローな展開になってしまいましたね。

そんなヴィクトリアマイルを制したのは、
好位置からジワジワと伸びてきたジュールポレール。

昨年は3着でしたが、今年は見事リベンジを果たしました。

それではヴィクトリアマイルを振り返ってみます。

ヴィクトリアマイル(G1)レース回顧

スタートはクインズミラーグロが大きく出遅れ、
エテルナミノル、デアレガーロも出負け。

カワキタエンカ、レーヌミノル、リエノテソーロが
好スタートを決めて前に行きます。

続いてレッドアヴァンセ、アエロリット、
ラビットラン、レッツゴードンキ。

中団にジュールポレール、ミスパンテール、
ソウルスターリング、アドマイヤリード。

デンコウアンジュ、リスグラシュー、
エテルナミノルが中団後方。

メイズオブオナー、ワントゥワン、デアレガーロが
後方にいてクインズミラーグロが最後方の順番。

カワキタエンカが半馬身程のリードを取って
先頭を進んでいきます。

前半800Mは46.8秒。

そこまで前半のペースは上がらないレースですが、
高速馬場だった事を考えると想定より遅かったですね。

基礎スピード力を活かしたい馬にとっては
遅すぎたペースだと思います。

隊列はほとんど変わらず淡々と進んでいきます。

最後のコーナー付近。

先頭はカワキタエンカ、リエノテソーロ、
アエロリットが並走する形で最後のコーナーを回ります。

最後の直線、上手く外に出して
追い込んできたのはレッドアヴァンセ。

内からレーヌミノルも伸びてきて先頭に並びます。

残り200M付近。

前5頭が並走する形となり、
抜け出したのはレッドアヴァンセ。

先頭に立ちジワジワ伸びてきます。

先行組はカワキタエンカ、リエノテソーロが
脱落してレーヌミノルも伸びてこれません。

先行集団直後にいたアドマイヤリード、
レッツゴードンキも伸びはいまいち。

対して外からジュールポレール、リスグラシュー、
ソウルスターリング、ミスパンテールが伸びてきます。

反応が良いのはジュールポレール、リスグラシュー。

粘るレッドアヴァンセ、アエロリットを
追い詰めていきます。

ゴール手前、ジュールポレールが
レッドアヴァンセを捕らえて先頭に。

リスグラシューもレッドアヴァンセを捕らえて詰め寄ってきますが、
わずかに届かずそのままジュールポレールが1着でゴールとなりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

ヴィクトリアマイル(G1)各競走馬の回顧

■ジュールポレール(1着)
道中は中団の外で進め、
徐々に前に出していきました。

最後はやや外目から
着実に脚を伸ばして1着でゴール。

最後のコーナーから長く良い脚を使ってきており、
後半の良さが出ていましたね。

思った以上にスローな流れになった事も
この馬にとっては有利に働きましたが、
強い競馬をしていたと思います。

今後もマイル戦では期待できますね。

■リスグラシュー(2着)
中団後方で進め、最後はこちらも良い脚を
使ってきましたがジュールポレールには僅かに届かず、
ハナ差の2着。

この馬の力は出し切れたと思いますので、
これで負けたのは仕方ないでしょう。

末脚勝負になると後一歩足りないところがあるので、
今後も勝ち切れずに2、3着となりそうです。

■レッドアヴァンセ(3着)
先行集団のやや後ろで競馬をして、
最後は積極的に前に行き、一時は先頭になりましたが、
ゴール手前で甘くなり差されて3着。

3着となりましたが、
良い競馬をしていましたね。

他の騎手がやや控えている中、
強気の競馬をした事が功を奏したと思います。

そして、この血統は本当に東京マイルは要注意ですね。

■アエロリット(4着)
終始先行して最後は良く粘っていましたが、
キレ味は前に及ばず4着。

もう少し前半のペースが上がっていれば、
馬券内は十分に捕える事ができたでしょう。

トップスピード戦になるとどうしても
見劣りしてしまう馬ですからね。

アエロリットにとって良い展開ではなかったですが、
それでも4着ですので、さすがの能力です。

■ミスパンテール(5着)
やや出負けしてから中団の内で進めて、
最後はこの馬らしく良い脚を使ってきましたが、
5着に留まりました。

最後の直線序盤で進路取りに苦戦したり、
内枠でスムーズな競馬が出来なかったので、
そのあたりが影響しているかもしれませんね。

能力は高いのですが、
飛び抜けているものはないので、
特にG1では今後も展開が向かないと
勝ち切るのは難しいでしょう。

■アドマイヤリード(8着)
こちらもミスパンテールと同じような流れで
進んでいきましたが、最後は伸びてこれず
8着と期待を裏切る結果となりました。

こちらも内に入った事で伸びなかったのかも
しれませんね。

また、ペースも昨年とは違い、
中盤で緩まない流れとなりましたので、
この馬のキレ味が削がれてしまったと思います。

近走を見ていてもマイルは少し短い気がしますね。

雨が降ったせいでペースが遅くなり、
そのため力を活かしきれなかった馬が多かったですね。

また先週は想定より内が伸びない馬場でしたので、
今週以降も内は不利を受けるかもしれません。

それでは次回のレース予想は、
________
5月20日(日)
オークス(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は牝馬クラシック第2弾の
オークスが開催されます。

距離は違いますが、
桜花賞の好走馬がここでも好走する事が多いですね。

近年は堅い決着が続いていますが、
今年はどのような決着となるのでしょうか。

速い上がりが問われるレースですので、
そのあたりに注意して予想していきたいと思います。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 2/23 小倉3R 三連単で627,890円。
    今週は7本の的中を実現。安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。
    うま屋総本家は3連単予想に優れているので一攫千金を狙うなら絶対ココ

  • 2/23 東京2R 三連単で454,680円
    予想の精度には誰もが驚くはず。多くの情報を取り扱う競馬予想サイトの新星。
    無料予想の精度にも申し分ないのでかなりオススメ。

  • 2/23 小倉6R 4歳以上1勝クラスで見事的中。三連単1,071,390円の配当を獲得している。ポイント情報でこの的中率。加えて回収率も文句なし。

  • 2/23 小倉2R 三連単で279,040円
    今週も多くの的中を実現。安定感はもちろん、予想精度には誰もが満足するはず。
    無料予想の精度も安定しているので競馬初心者でも安心して利用可能。