【中山金杯(G3)2018回顧】今年最初の重賞レースは偏った展開に

中山金杯(G3)レース結果

先週は今年の運試しレース金杯が開催されました。

昨年G1、G2レースでは結果を残せなかった馬が
多く出走していましたね。

そんな金杯の一戦は、
今年の飛躍を期待される4歳馬のセダブリランテスが、
終始前目の位置からしぶとく伸びてきて勝利。

新年一発目のレースで好スタートを切りました。

それでは中山金杯を振り返ってみます。

中山金杯(G3)レース回顧

まずは、スタート。

まずまず揃ったスタートから、
良いスタートを切ったのは内枠集団の
セダブリランテス、トーセンマタコイヤ、ウインブライト。

そして、外からはフェルメッツァ、ショウナンマルシェが
上がってきます。

ハナを切ると思ったマイネルミラノは
出足が悪く、序盤は中団辺りから。

同じく中団には、ダイワキャグニー、
ジョルジュサンク、レアリスタ。

その後ろにはストレンジクォーク、ケントオー。

1馬身程離れてパリカラノテガミ、
カデナ、アウトライアーズ。

そして、ブラックバゴ、デニムアンドルビーは
最後方から。

ハナを切ったのはトーセンマタコイヤ。

その後ろにセダブリランテス、ウインブライト、
フェルメッツァが続きます。

序盤はゆったりとしており、
固まった馬群のまま進んでいきます。

向正面に入る手前でマイネルミラノが
一気に外から上がって先頭に。

その流れで馬群は縦長になっていきます。

前半1000Mのタイムは61.5秒。

かなり後半特化なレースとなりましたね。

そして、最後の直線。

先頭はマイネルミラノ、番手にはウインブライト。

その後ろにトーセンマタコイヤ、セダブリランテスが
並走して走っています。

残り100M。

先頭がウインブライトに変わりジワジワと伸びてきますが、
後ろからセダブリランテスが詰めてきます。

更に外から勢いよく伸びてきたのは、
中団後ろで控えていたストレンジクォーク、ブラックバゴ。

ダイワキャグニーも伸びていましたが、
今一つ物足りない感じ。

ウインブライトは良く粘っていましたが、
ゴール手前でウインブライトを捕らえたのは、
しぶとく伸びてきたセダブリランテス。

見事今年初重賞レースを制覇しました。

ストレンジクォーク、ブラックバゴも
良い伸びでしたがウインブライトを
捕らえる事はできず3、4着となりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

中山金杯(G3)各競走馬の回顧

■セダブリランテス(1着)
見事重賞2勝目を飾ったセダブリランテス。

好スタートから番手を取り、
マイネルミラノがハナを切ってからも
追走していました。

最後は序盤でウインブライトに抜かれましたが、
そこからしぶとく追い上げてきっちりと捕らえました。

ウインブライト相手に強い競馬をしたと思います。

ただ、ロングスパートを活かせる展開でないと
キレ味は物足りないので一級戦となると
まだ難しいかなと感じました。

どこまでやれるのかは楽しみですね。

■ウインブライト(2着)
セダブリランテスと同じような立ち回りで、
この馬にとっては完璧な展開だったと思います。

これで差されたのですから、
セダブリランテスが一枚上手だったかもしれません。

一瞬の伸びは素晴らしいですが、
最後が甘くなるので、今後好走できる場面は
意外と少ないかもしれませんね。

中山の舞台は合っていると思いますので、
今後中山功者になるかもしれません。

■ストレンジクォーク(3着)
道中は中団のウチで脚を溜めながら、
最後外に出すのに苦労していましたが、
鋭く伸びて3着。

10番人気ながら波乱を演出しました。

セダブリランテスにも頭差くらいまで
迫ってるのは評価していいと思います。

今回の走りを見る限り、
2500Mくらいまでなら好走できそうな感じです。

■ブラックバゴ(4着)
後方から最後は1頭だけ33秒台の鋭い脚を使って
伸びてきましたが、ストレンジクォークには
届かず4着。

さすがにあの位置からは厳しいと思いましたが、
良く掲示板を確保したと思います。

末脚を活かすために後方から行く必要は
あると思いますが、もう少し前に来て欲しかったですね。

今後の重賞でも上位争いはできると思います。

■ダイワキャグニー(5着)
中団の好位で進めていましたが、
最後の伸びは平凡でなんとか掲示板を確保という感じに。

やはり右回りは苦手な感じですね。

左回りならもっと高いレベルの走りが
できていたと思います。

地力が高い事は確かなので、
引き続き期待したいですね。

■カデナ(10着)
後方から進めて最後は大外を回して直線に
向かいましたが脚が無く10着と完敗。

ペースが急激に上がってきた中で
大外のぶん回しは流石にキツかったのでしょう。

勝利した弥生賞とはペースが違いましたので、
もう少し工夫が欲しかったですね。

馬自体は良いポテンシャルがあるだけに残念です。

偏った展開のレースだっただけに、

あまり参考にはなりませんでしたが、
めでたいレースなだけにセダブリランテスには
今年更に飛躍して欲しいですね。

それでは次回のレース予想は、
_________
1月14日(日)
日経新春杯(G2)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は今年初めのG2レース、
日経新春杯が行われます。

ハンデ戦ではありますが、
G1クラスの実績馬も出走し、
重ハンデでも好走するケースが多々あります。

ただ、ハンデ戦らしく、
軽ハンデの馬がポンッと好走する事もありますので
その点に注意して予想していきたいですね。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 9/20 中山6R 三連単で1,062,100円

    予想の精度はもちろん、回収率も申し分無し。

    ここ1ヶ月の無料予想では30万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報はまさに敵なし。

  • 9/20 中京10R 三連単で957,450円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中。

    さらに!

    コロナで無観客開催となっている今がアツい!!

    無観客開催となった3月からの成績は右肩上がり

    ガチ競馬愛用のオススメサイトです!

  • 9/20 中山8R 三連単で1,668,960円。

    無料予想の合計獲得利益はなんと・・

    60万円オーバー!!!

    有料予想に至ってはたったの2レースで110万円超えの利益を獲得!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。

  • 9/20 中京7R 三連単で690,900円。

    無料予想ながら、公開される券種は3連単。

    「3連単?なら当たんないじゃん」

    と思ったそこの貴方。

    AXKEIBAにかかれば3連単の的中は朝飯前なんです。

    本当かって?

    使ってみればわかりますよ。