【報知杯フィリーズレビュー(G2)2018回顧】想定以上のハイペースで意外な適正が見れたレース

報知杯フィリーズレビュー(G2)レース結果

まだ肌寒さが残る中、
今週は桜花賞のトライアルレース、
報知杯フィリーズレビューが開催されました。

レースはかなりハイペースで流れて、
先行勢が崩れて中団~後方からの馬で決まりました。

勝ったのは、中団から伸びてきたリバティハイツ。

これまでのレースでも良い末脚を見せてみましたが、
今回も速い流れの中、しっかりと伸びて重賞初制覇となりました。

それでは報知杯フィリーズレビューを振り返ってみます。

報知杯フィリーズレビュー(G2)レース回顧

まずはスタート。

スタートしてすぐ4番人気のアマルフィコースト騎乗の
浜中旗手が落馬してしまいました。

良いスタートを切ったのは外枠の14番アルモニカと
17番のラブカンプー。

内からは3番のマドモアゼルに
1番人気のモルトアレグロ。

ここまでが先行集団で、
2列目にはギンコイエレジー、リバティハイツ、
デルニエオール。

3番人気のアンヴァルは中団やや後ろ、
2番人気のアンコールプリュは後方から。

序盤のペースはかなり速く600Mで33.7秒。

ラブカンプーのペースに先行集団も
付いていっていましたので、全体的に速いペースでした。

2番手のモルトアレグロはこのペースに
完全にやられましたね。

序盤はやや縦長の隊列でしたが、
3コーナー付近から後続の馬が上がってきて、
馬群はごちゃついた感じになります。

先行集団で内側はごちゃついていたため、
後方からの馬は外に出して最後の直線へ。

最後の直線。

先頭はラブカンプーですが、その差はわずか1馬身ほど。

さすがにこの流れだと伸びはありません。
同じくモルトアレグロも脚が残っていない感じ。

先行集団の中で伸びてきたのはアルモニカ。

ジワジワと伸びてきて残り100M付近で先頭に立ちます。

しかし、後続の馬がラストスパートで強襲。

内からはデルニエオール、アンヴァル、ギンコイエレジー。
外からはリバティハイツ、アンコールプリュ。

先行集団を飲み込んで、この5頭の接戦。

ゴール手前、最後の最後で伸びてきたのは、
リバティハイツ。

半馬身抜け出して1着でゴールしました。

後ろの4頭はハナ差、アタマ差の接戦となりましたが、
2着はアンコールプリュ、3着にはデルニエオールの
結果となりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

報知杯フィリーズレビュー(G2)各競走馬の回顧

■リバティハイツ(1着)
中団から仕掛けを待って進み、
最後の直線は外に出してしぶとく伸びて勝ちました。

中団ではありましたが、
この馬にとってもハイペースであったと思います。

そんな中できっちりと伸びた事は
髙い能力がある証拠でしょう。

髙い基礎スピード力で長い脚も使えますが、
瞬発力となると決め手に欠けそうですので、
桜花賞の判断は難しいですね。

■アンコールブリュ(2着)
後方からジワジワと追い上げて、
最後は一気に伸び2着を確保しました。

この馬はスローからの瞬発力を使ってきましたので、
本番にも合いそうです。

トップスピードのレベルは高く、
成長を感じられる走りでしたので、
桜花賞でも期待したいです。

■デルニエオール(3着)
リバティハイツの前で競馬をして、
道中は無理せず先行していました。

最後はしぶとく伸びていましたが、
アンコールブリュに差されて3着。

同じような位置にいたリバティハイツには、
基礎スピードで劣っていましたので、
本番では厳しい戦いになると思いますが、
速い脚を出せる安定感はありますし、
ヒモでは狙ってみたいですね。

■アンヴァル(4着)
序盤は出足が悪かったため、
やや後方からのスタートとなりました。

そこから追い上げて前を差しにかかりますが、
デルニエオールには届かず惜しくもハナ差届かず4着。

着差的にはほとんど変わりませんが、
桜花賞の権利を逃したのは大きいですね。

序盤のロスがなければ着順は変わっていたかもしれません。

ただ、走りを見ていても桜花賞向きではなさそうです。

■ギンコイエレジー(5着)
先行から好位置で進め、
最後はしぶとく伸びましたが甘くなってしまい、
上位陣には届かず5着止まり。

前の馬が沈んでいく中、よく走ったと思いますが、
上位の馬とはまだ力差は感じましたので、
今後の成長に期待ですね。

■モルトアレグロ(10着)
好スタートから先行策。

そこから、ハナを切ったラブカンプーに番手で
付いていきましたが、脚を使い過ぎて、
最後の直線は伸びがなく10着と惨敗。

流石にこの流れだと終いの脚が削がれるのは明白でしょう。

後半で良さで出てくる馬ですので、
ちょっと疑問が残る騎乗でしたね。

各馬の成長が感じられた今回のレース。

桜花賞はタフな流れとなりやすいので、
今回のレースを見て本番への馬を決めていきたいですね。

それでは次回のレース予想は、
______________
3月18(日)
スプリングステークス(G2)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は皐月賞のトライアル、
スプリングステークスが行われます。

フィリーズレビューとは違い、
本番に繋がりやすく、G1馬も多く輩出しているレースですね。

基本的には堅くなりやすいレースですが、
皐月賞を占う意味でも注目のレースといえるでしょう。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 9/20 中山6R 三連単で1,062,100円

    予想の精度はもちろん、回収率も申し分無し。

    ここ1ヶ月の無料予想では30万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報はまさに敵なし。

  • 9/20 中京10R 三連単で957,450円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中。

    さらに!

    コロナで無観客開催となっている今がアツい!!

    無観客開催となった3月からの成績は右肩上がり

    ガチ競馬愛用のオススメサイトです!

  • 9/20 中山8R 三連単で1,668,960円。

    無料予想の合計獲得利益はなんと・・

    60万円オーバー!!!

    有料予想に至ってはたったの2レースで110万円超えの利益を獲得!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。

  • 9/20 中京7R 三連単で690,900円。

    無料予想ながら、公開される券種は3連単。

    「3連単?なら当たんないじゃん」

    と思ったそこの貴方。

    AXKEIBAにかかれば3連単の的中は朝飯前なんです。

    本当かって?

    使ってみればわかりますよ。