【大阪杯(G1)2017回顧】着差以上の勝利を飾ったキタサンブラック

大阪杯(G1) レース結果

先週末は気温も下がり、
寒の戻りが感じられましたね。

桜もまだ蕾が多い中、
新設G1の大阪杯が行われました。

マカヒキやサトノクラウン、アンビシャスなど
打倒キタサンブラックを目指して走りましたが、
結果は、キタサンブラックが勝利。

全く他の馬を寄せ付けずに圧勝しました。

武騎手のペース配分も素晴らしかったものの、
流石の強さを見せつけたレースでした。

レースの回顧はこちらです。

大阪杯(G1) レース回顧

まずは、スタート。

全馬遅れる事なく、揃ったスタートを切りました。

出遅れの心配をされていたミッキーロケットも
良いスタート。

まず、ロードヴァンドールが果敢に前に出て行きますが、
外からマルターズアポジーが被せてやはりハナを切ります。

その後ろには、
サクラアンプルールと内にキタサンブラック。

ステファノスとサトノクラウンも続いていきます。

ステファノスが意外にも積極的だったのが印象的です。

中団後方にはヤマカツエースが良い位置に。
更に後方にはミッキーロケット、マカヒキ、アンビシャスが
固まっています。

ミッキーロケットはスタートは良かったものの、
良い位置取りには付けなかったですね。

マルターズアポジーが積極的に前にいき、
1000Mの通過は59.6秒。

この時点で2番手とは3馬身程の差があったので、
実質的には61秒前後のスローなペースとなったでしょう。

ややスローなペース好むキタサンブラックからすると
絶好のペースでした。

ステファノスの位置も前目のようにみえて、
通常くらいの位置だったと思います。

逆に3コーナー付近でも後方にいた、
ミッキーロケット、マカヒキ、アンビシャスに
暗雲がたちこめていましたね。

隊列はそこまで変わらずに4コーナーに差し掛かり、
ここからマカヒキ、ヤマカツエースが動きます。

ヤマカツエースはコーナーで膨れたディサイファの
内を上手く突いて走っていました。

マカヒキは外から回すしかなく多少ロスのある感じに。

そして、最後の直線。

先頭はマルターズアポジーですが、
すぐにキタサンブラックと先頭が入れ替わります。

後ろからはステファノスが懸命に猛追しますが、
なかなかその差は埋まらず。

3番手にはサトノクラウンも頑張っていますが、
そこまで伸びがなく後退していく形に、

マカヒキ、アンビシャスもスパートをかけるも、
手応え抜群のキタサンブラックにはなかなか届きません。

最後は直線中盤で前にいた、
キタサンブラック・ステファノス・ヤマカツエースがゴール。

マカヒキ・アンビシャスの差し馬組は届かずに
4、5着となりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

大阪杯(G1) 各競走馬の回顧

■キタサンブラック(1着)
大阪杯の初代王者に輝いたキタサンブラック。

2000Mは短いという感じもしていましたが、
全く不安を感じさせない走りでした。

序盤に厳しいペースにならなかった事も、
好都合だったと思いますが、
それにしても100%のデキでは無い事を考えると強いですね。

サトノダイヤモンドとの再戦が楽しみです。

■ステファノス(2着)
今回7番人気2着と波乱を演出したステファノス。

キタサンブラックの背後で競馬をして、
ロスも無くペースも完璧でした。

それでもここまで上位に行くとは思わなかったので、
川田騎手が馬の良さを上手く引き出してくれたのでしょう。

今年も評価を下げない方が良さそうですが、
G1のタイトルはやはり遠そうです。

■ヤマカツエース(3着)
中団後方の位置で進めて、
最後は良く伸びてきて3着。

4コーナー付近から仕掛けて、
上手く内を突いてきましたが、
仕掛けるのが少し遅かったと感じました。

確実に成長をしてきていると思いますので、
もう少し位置取りが前なら2着くらいには
入れたかもしれません。

安定感が出てきたので、次回も期待したいですね。

■マカヒキ(4着)
今回も後方から瞬発力勝負のいつもの形の競馬。

特に悪い展開では無かったと思いますが、
最後は伸びずに4着と完敗。

ダービー馬としては物足りなさすぎる結果となりました。

これと言った敗因が見つからず、
反応も良くなかったので、ちょっと今年は心配ですね。

■アンビシャス(5着)
こちらも後方からの競馬でしたが、
最後は伸びずに5着。

スローな展開の中で、
明らかに仕掛けが遅く位置取りも後ろ過ぎました。

次はもっと積極的に前に行って欲しいですね。

■サトノクラウン(6着)
先行して最後の直線に入りましたが、
ジリジリと下がっていき最後はマカヒキ・アンビシャスに
差されて6着。

この馬は想像以上に馬場に左右されるのかもしれません。

もっと時計の掛かる馬場ならまた狙いたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回危なげなく1着となったキタサンブラック。

やはり総合力でこの馬に勝てる馬は
今のところいないでしょうね。
それでは次回のレース予想は、
________
4月9日(日)
桜花賞(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は牝馬クラシックの1戦目、
桜花賞が開催されます。

今年の注目はやはりソウルスターリングでしょう。

ただ、このレースは内枠の成績が著しく悪いので、
この馬が内枠に入った時は面白いかもしれませんね。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 11/23 阪神2R 三連単で820,820円。

    このサイト、

    とにかく無料予想が凄いんです。

    初回参加からここまでの

    利益は50万円を突破。

    予想の精度は数ある予想サイトの中でも

    トップクラス!

    有料プランは500円から参加可能。

    こんなお得なサイト他にありません!

  • 11/23 東京10R 3連単で1,220,770円。

    無料予想の精度は折り紙付き。

    さらに有料情報はワンコイン(500円)から参加でき、利用勝手は抜群!

    そして今なら、

    登録するだけで10,000円分のポイントをGETできます!

    あまりの予想の精度の高さに、

    「本当に無料なの!?」

    と驚くこと間違いなし。

  • 11/22 阪神7R 三連単で1,006,400円。

    無料予想ながら、公開される券種は3連単。

    的中率はもちろん。

    回収率も別格なのがAX Keibaなんです。

    無料予想だけで稼いでも良し。

    有料予想で更に増やしても良し。

    いま、一番波に乗っている競馬予想サイトです!

  • 11/22 阪神7R 三連単で1,352,350円

    予想の精度は勿論、回収率も文句なし。

    直近の無料予想ではエリザベス女王杯を3連単で見事に読み切りました!

    ここ3ヶ月の無料予想では20万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報は敵なし。