【天皇賞(春)(G1)2017回顧】今年のキタサンは昨年より覚醒している予感がしたレース

天皇賞(春)(G1) レース結果

昼間は暑いと感じるほどの気候の中、
伝統の古馬クラシック天皇賞が開催されました。

芝はパンパンの良馬場で今年は17頭が出走。

結果はキタサンブラックが有馬記念の雪辱を見事に晴らし、
サトノダイヤモンドにレコードタイムで完勝しました。

ハイペースもこなせる事を証明して、
更にレベルが上がったと感じたレースでした。

それでは、レースの回顧はこちらです。

天皇賞(春)(G1) レース回顧

まずはスタート。
全体的にバラついたスタートとなり、
好スタートを切ったのは大外枠のヤマカツライデン。

キタサンブラックも安定の好スタートで、
サトノダイヤモンドも悪くはありません。

出負けしたのは、
シャケトラ、ゴールドアクター、レインボーライン。

そして、逃げの候補だったラブラドライトも出遅れてしまいました。

ハナを切ったのはヤマカツライデン。

2番手にはキタサンブラック。

3番手はアドマイヤデウスで、
4番手のシュヴァルグランも良いペースで付いていきます。

そして、シャケトラが内からグイグイと上がってきましたが、
掛かり気味でしたので、ちょっと危うい感じがしていましたね。

逆にディーマジェスティは前に行かな過ぎて危うい感じがしていました。

先頭集団後方には、ワンアンドオンリー、
ファタモルガーナ、タマモベストプレイが固まっており、
その後ろにサトノダイヤモンドがいます。

レースはヤマカツラインが飛ばしに飛ばし、
最初のホームストレッチに来た時には、
2番手のキタサンブラックと10馬身程離れた位置に。

1000Mは58.3秒。
3200Mとは思えないヤマカツライデンの飛ばしっぷりでした。

キタサンブラックもヤマカツライデンより速くなかったと思いますが、
それでも速いペースを刻んでいたのは間違いありません。

そして、2コーナーではレースを見る限り、
更に先頭と2番手との差が広がっているようにみえました。

ここでやっと息が入った感じでしょう。

ただ、それでも12秒台のラップが続いていたので、
全馬苦しかったと思います。

そして、2回目の向こう正面の直線。

徐々にヤマカツライデンとの距離が縮まっていきます。

ここで、ディーマジェスティが頑張って前に行っていましたね。

2度目の坂を上りきったあたりからは先頭との差はほとんどなくなり、
キタサンブラックはここからペースアップしていきます。

最後のカーブを曲がりながら、
先頭はキタサンブラックに変わり最後の直線へ。

2番手はシュヴァルグランとアドマイヤデウス。

サトノダイヤモンドも外を回して追い上げて、
抜け出したキタサンブラックを追います。

ただ、3頭ともなかなか伸びがなく、
キタサンブラックとの差を縮められません。

そのままペースを落とす事なく、
キタサンブラックが2着と1馬身差以上を開ける
レコードタイムでの圧巻の勝利。

2着はシュヴァルグラン。

3着は失速したアドマイヤデウスを差して、
何とかサトノダイヤモンドが確保しました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

天皇賞(春)(G1) 各競走馬の回顧

■キタサンブラック(1着)
終始2番手をキープして、レースを作っていました。

前に行くともう武豊騎手の思うとおりの
展開になりますね。

ただ今回は高速馬場の中、
かなり速いペースでの勝利ですので、
また違う一面も見せてくれましたね。

トータル的には、
現役最強馬はこの馬だと感じました。

■シュヴァルグラン(2着)
シュヴァルグランも積極的に前に行き、
道中はキタサンブラックの様子を伺うように、
4番手あたりで追走していました。

最後は早めに仕掛けて、2番手で最後のコーナーを回り、
シブとく逃げてサトノダイヤモンドも振りきりました。

立ち回りは完璧で、
かなり強い競馬をしたと思います。

ただ、サトノダイヤモンドは
結構苦しい競馬をしていただけに、
枠が違えば2着は難しかったかもしれません。

■サトノダイヤモンド(3着)
中団辺りでレースを進め、
最後は頑張って押し上げてきましたが力尽きて3着。

キタサンブラックがここまで速いペースを
作ってくるとは思っていなかった事が誤算だったのでしょう。

この速いペースで外を回させたのですから、
相当キツい競馬だったと思います。

それでも、3着に喰い込むあたりはやはり強いです。

■アドマイヤデウス(4着)
岩田騎手の好騎乗でしたが、
惜しくもクビ差の4着でした。

キタサンの直後を取り、
上手く前の位置に取って競馬を進めていました。

最後の直線では伸びきれませんでしたが、
今後も高速馬場は合っているので、
馬場状態次第では警戒が必要ですね。

■ゴールドアクター(7着)
出遅れてしまい、
序盤から早くも暗雲がたちこめていました。

向こう正面に入ってもポジションを上げる事ができず、
ペースも速かったので、最後は伸びずに7着と惨敗。

もう少し前目の位置にいればとは思いますが、
それでも今回の展開では馬券内に入るのは、
少し厳しかったでしょう。

■シャケトラ(9着)
こちらも若干出遅れますが、
一気にリカバリした事で消耗してしまいました。

そこからシュヴァルグランの後ろで走りますが、
最後の直線では力なく下がって敗退。

前半の消耗も響いたと思いますが、
3200Mという距離も基本的に合わなかったと思います。

力はあると思いますので、
次走にも期待はしたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は珍しく固い結果となった天皇賞(春)

やはり強いと言われている馬は、
距離が長くなっても変わらずに良い素質を出してきます。

キタサンブラックとサトノダイヤモンドの戦いは、
2400Mくらいの距離でもう一度見てみたいですね。
それでは次回のレース予想は、
_____________
5月7日(日)
NHKマイルカップ(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は3歳のマイル王決定戦NHKマイルカップ。

マイル戦は荒れるとはいえ、
このレースは1番人気が堅実なレースです。

ただ、二桁人気のヒモ荒れは過去10年で8頭と
G1としてはかなりの確率でヒモ荒れしていますので、
適正などを良く見て穴馬を探していきたいと思います。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 10/25 東京5R 三連単で1,092,750円。

    このサイト、

    とにかく無料予想が凄いんです。

    初回参加からここまでの

    利益は50万円を突破。

    予想の精度は数ある予想サイトの中でも

    トップクラス!

    有料プランは500円から参加可能。

    こんなお得なサイト他にありません!

  • 10/25 新潟3R 三連単で1,370,560円。

    18日に開催された京都11R・秋華賞では

    なんと・・・

    441,100円の払い戻しを獲得!

    しかもこれ、無料予想なんですwww

    無料予想の合計獲得利益は

    110万円オーバー!!!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。

  • 10/25 新潟4R 三連単で1,096,070円

    予想の精度は勿論、回収率も文句なし。

    ここ1ヶ月の無料予想では20万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報は敵なし。

  • 10/25 東京7R 三連単で773,760円。
    今週は各プラン合わせて24レースの的中を実現。

    無料予想の利益は50万円オーバー。

    安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。

    うま屋総本家は3連単予想に優れているので一攫千金を狙うなら絶対ココ