Home  >>  【安田記念(G1)2018回顧】秋への展望が伺えたレース

【安田記念(G1)2018回顧】秋への展望が伺えたレース

安田記念(G1)レース結果

今週は春のマイル王決定戦、安田記念が行われました。

馬場は若干落ち着いていたものの、
高速馬場には変わりなくペース自体は平均的でしたが、
道中はゆるまない厳しいラップになっています。

キレ味よりも基礎スピード力が問われる結果となりました。

そんな安田記念を制したのは、
ギリギリ安田記念の枠を勝ち取ったモズアスコット。

最後はジワジワと力強く伸びてきて、
アエロリットをクビ差で交わし見事、安田記念の勝者となりました。

それでは安田記念を振り返ってみます。

安田記念(G1)レース回顧

スタートはサトノアレスが出遅れ、
ペルシアンナイトもやや出遅れて気味。

好スタートを切ったのはレーヌミノル。

外からはウインガニオンが一気に押してハナを捕り、
レーヌミノルは2番手に。

そして、アエロリット、キャンベルジュニアが続き、
その後ろには内からスワーヴリチャード、
ウエスタンエクスプレス、ペルシアンナイト、
サングレーザー。

中団にはダッシングブレイズ、モズアスコット、
リアルスティール。

ここまでは馬群が固まっており、
2馬身程空けてヒーズインラブ、リスグラシューが
中団後方の位置。

サトノアレス、レッドファルクスを後方に、
最後方はブラックムーン。

前半800Mは45.5秒。

序盤の1F以外は10秒、11秒台と安田記念らしい
淀みの少ない前半となりましたが、
思っていたよりハイペースでした。

ハナを切っていたウインガニオンもリードは終始2馬身程
でしたので全体的に基礎スピードが問われた戦いでしたね。

隊列はほとんど変わらず、最後の直線へ向かいます。

最内にいたウインガニオン先頭で、
2馬身程後ろにはアエロリット、レーヌミノル。

馬群は横に大きく広がって最後の直線勝負となりました。

各馬なかなか伸びてこれませんでしたが、
残り300M付近でアエロリットが抜け出して先頭に。

スワーヴリチャード、外からサトノアレスも
ジワジワと追い上げてきます。

サングレーザー、モズアスコットも
スワーヴリチャードの後ろから伸びてきて、
この5頭が後方を離していきます。

その後ろからペルシアンナイトも良く伸びていましたが、
届かない位置でした。

残り100M。

もう一脚伸ばしてきたのがモズアスコット。

2番手のスワーヴリチャードを交わし、
アエロリットに迫ります。

そして、ゴール手前でアエロリットも交わし、
見事1着で駆け抜けました。

2着はアエロリット。

3着は1番人気のスワーヴリチャードとなりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

安田記念(G1)各競走馬の回顧

■モズアスコット(1着)
好位置で進み、最後の直線では
内で少し窮屈に感じましたが、
スワーヴリチャードが外に行った事で進路が空き、
うまく伸びてこれました。

最後はジワジワと伸びてアエロリットを捕らえてゴール。

連闘の中、見事勝利しました。

マイラーズカップでも前半脚を使いながら、
最後まで伸びてこれる力はありましたが、
やはり連闘だったので評価は落としてしまいましたね。

理想的な位置取りで進めた事が今回の勝利の要因だと思いますが、
内容的にもかなり強い競馬をしています。

今後のマイル戦での活躍が楽しみですね。

■アエロリット(2着)
先行から最後まで脚色は衰えず、
最後はモズアスコットに差されましたが、
粘って2着でゴール。

ここまで粘れるとは思いませんでした。

もう少し前に行っていれば、
勝っていたかもしれませんね。

タフなレースになろうと、
差されそうでなかなか差されない事は
今回のレースで証明されましたし、
今後も高速馬場では結果を出してくるでしょう。

■スワーヴリチャード(3着)
前目の位置で競馬をして、
最後は伸びてはきていましたが前2頭には劣り3着。

マイルの流れに対応してきたのは流石ですね。

距離的にもベストではなく、
展開的には理想とはいえない中でも結果を出したと思います。

やはり距離は中距離の方がいいでしょう。

■サトノアレス(4着)
出遅れから後方で進み、
最後は外から素晴らしい伸びを見せてくれましたが、
やや甘くなって4着となりました。

外からぶん回してここまでこれたのですから、
強い競馬をしていたと思います。

この馬にとって出遅れはそこまで影響はないので、
実力は十分に発揮できたと思います。

今回は前が強かったですので仕方ないと思いますし、
流れがかみ合わないと勝ちきれないと思いますが、
今後も安定して上位には食い込んできそうです。

■サングレーザー(5着)
前目の外で進めロスが多かったと思いますが、
最後は持続力を活かして伸びてきました。

前には届かず5着となりましたが、
厳しい流れで、序盤に脚を使ってしまった中、
良く伸びてきたと思います。

今後も噛み合えばチャンスはあるでしょう。

もう少し距離が伸びた方がいいと思いますので、
1800Mくらいでの戦いを見てみたいですね。

■ペルシアンナイト(6着)
出負けして後方からのスタート。
そこからリカバリして中団まで引き上げてきます。

ここで脚を使ってしまいましたね。

そして最後も前が空かず上手く加速できませんでした。
それでも何とか地力で6着まで持ってきたという感じです。

序盤から最後まで上手くいかなかった感じですが、
もっとキレ味を活かした競馬でしたら
結果は違っていたと思います。

今回は悲観する内容ではなかったので、
次に期待したいですね。

各馬の特徴が濃くでており、
秋への展望が伺えた安田記念だったと思います。

マイルでの絶対的な存在がいない中、
強い競馬をしたモズアスコットの今後の走りが楽しみです。

それでは次回のレース予想は、
___________
6月10日(日)
エプソムカップ(G3)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
残すところ春のG1は
宝塚記念のみとなりました。

その狭間週に行われるのは、
マイル~中距離路線の馬が戦うエプソムカップ。

新興勢力からベテランまで様々な馬出てきますので、
面白い闘いとなりそうです。

無料で登録できる、優良な検証済み競馬予想サイトです!

  • keibaou

    競馬王

    11/17 福島9Rでコロガシに成功。的中が難しい券種で4,545,290円の払い戻しを獲得。的中率・回収率が安定している有料情報は5種類と豊富。

  • uma-ya_thumbnail

    うま屋総本家

    11/17 東京2R 三連単で427,980円
    今週は17本の的中を実現。安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。
    無料予想の精度も安定しているので競馬初心者でも安心して利用可能。

  • keibatown

    ケイバタウン(KEIBA TOWN)

    11/17 東京7R 3歳以上1勝クラス 三連単で1,781,860円。高配当狙いの競馬サイトだが的中率は安定していて穴狙いの3連単でも的中を連発。17は合計8鞍の的中。

  • turf

    ターフ(TURF)

    11/17 東京7R 3歳以上1勝クラスで1,151,690円の的中を確認。昨年からノッているTURFは今年も絶好調。登録週から参加できる無料情報も好調で今後の予想にも期待できる。