Home  >>  【弥生賞(G2)2018予想】上位4頭のレベルが抜けているレース

【弥生賞(G2)2018予想】上位4頭のレベルが抜けているレース

今週は皐月賞のトライアルレース、
3歳馬競争の弥生賞が行われます。

本番とは違う流れになりやすく、
このレースはスローになる事が多いですね。

そのため、少頭数のレースながら、
荒れる事も多いです。

ただ、今年は実力が偏りそうではありますね。

1頭くらいは穴馬を入れておきたいところですが、
実力も実績も上位の能力が違い過ぎるかもしれません。

それでは、過去の傾向から弥生賞を見ていきましょう。

人気順から見る過去傾向

☆1、2番人気は信頼度高。それ以外は横這。☆

過去10年で1番人気の複勝率70%、
2番人気は60%と好成績を出しいます。

対して3番人気から10番人気は
20~40%横這いな成績。

一桁人気後半くらいなら、
結構馬券に絡んできますが、
上記でもあった通り今年は上位で決まりそうです。

過去成績から見る過去傾向

☆先行有利、差し馬は届かない可能性もあり。☆

中山競馬場という事で、
やはり先行勢が有利な傾向にありますね。

差し馬は届かずに
2、3着止まりというケースが多いです。

上がり1位の馬もそこまで良い成績ではないので、
先行からそこそこの上がりが使える馬の方が
信頼度は高くなるでしょう。

脚質の成績から見る過去傾向

☆前走G1組は好成績、ダート組は惨敗☆

前走G1を走った馬の複勝率は
12頭中7頭と60%近い好成績です。

ただ、今年はダノンプレミアムのみとなりますね。

また、前走ダートを走ってきた馬は、
1頭も馬券に絡んでいません。

今年も何頭か前走ダートの馬がいますが、
潔く切ってしまってもいいかもしれないですね。

弥生賞(G2)コース解説

弥生賞が行われるのは、
中山競馬場2000M(芝)のコース。

スタートはホームストレッチの
4コーナーの出口付近から。

スタートからすぐは100M程の下り坂となりますが、
すぐに上りに変わり、そこから500Mの程、
1コーナーの終わりまで上り坂が続きます。

初めのコーナーまでの距離は400M程あり、
上り坂でもあるので、前半はゆったりとした
流れになる事が多いですね。

坂を上り切ると次は2コーナーから、
向正面の途中まで急な下り坂。

ここでのペースがキモになってきますね。

ペースが上がれば底力が問われるレースになりますが、
レースレベル的にそこまで上がらない可能性が高いです。

ペースが上がらなければ前残りが強くなりますので、
穴馬を見つける際もやはり先行馬の方が良いでしょう。

今年はどんなペースになっても
上位の4頭で決まりそうな気配がありますが、
内枠先行馬ならチャンスはあるかもしれません。

弥生賞(G2)注目馬予想

今回の出走馬は以下の10頭

・アサクサスポット
・アラウン
・オブセッション
・サンリヴァル
・ジャンダルム
・ダノンプレミアム
・トラストケンシン
・ヘヴィータンク
・リビーリング
・ワグネリアン

では、この10頭の中から調教具合や血統、適正などを加味して、
弥生賞の注目馬をあげていきましょう。

■ダノンプレミアム
朝日杯FSの覇者ダノンプレミアム。

マイルの適正が高く、
2000Mをこなせるかは未知数ですが、
ポテンシャルはあるのでこなせるはずです。

先行から押し切るスタイルは
このレースにも合っていますし、
メンバーレベル的にもここは切れないでしょう。

■ワグネリアン
ダノンプレミアムと同じくこれまで3戦3勝の負けなし。

ディープインパクト産駒らしい、
抜群のキレ味を持っています。

まだ基礎スピードは高くないので、
ゆったりとしたペースで徐々にエンジンを
かけていく方がいいでしょう。

このレースは道中もそこまでペースが
上がりにくいので合っていると思います。

ここでどんな競馬をしてくれるのかが楽しみな馬です。

■オブセッション
前走のシクラメン賞では、
ダノンフォーチュンに4馬身差を開ける
レコード勝ちをして一気に名を上げました。

課題は多いものも、それら全部を払拭させるくらいの
素晴らしいキレ味を持っています。

ただ、前走は時計が出やすい馬場だった
という事が気がかりですね。

フロックでは無かった事をみせて欲しいです。

■ジャンダルム
デビューから2連勝、
前走のホープフルステークスでも2着と
安定した走りを見せています。

後半にスッと動ける器用さはありますが、
ここ3走を見ていると
トップスピードの持続力には欠けるかもしれません。

最後までしっかりと踏ん張れるかがカギとなるでしょう。

上3頭からは少し評価を落としたいですね。

■サンリヴァル
前走のホープフルステークスでは、
4着と善戦したサンリヴァル。

素材的には人気上位には劣りますが、
センスや器用さの完成度は高く、
上位の馬の展開次第では入ってこれると思います。

穴馬としては面白いと思います。

以上が現時点での注目馬です。

今年の皐月賞、ダービーを占う重要な1戦。

馬券的には美味しくないかもしれませんが、
上位陣の走りは楽しみです。

無料で登録できる、優良な検証済み競馬予想サイトです!

  • turf

    ターフ(TURF)

    10/13 京都1R 2歳未勝利で77,900円の的中を確認。昨年からノッているTURFは今年も絶好調。登録週から参加できる無料情報も好調で今後の予想にも期待できる。

  • umarabo

    うまラボ

    10/13 京都4Rで939,720を的中。うまラボのデータは見逃せない!そう思える安定感を重視した高精度の情報で結果を残している。無料で充実した予想を提供。

  • kinbaken

    金馬券

    10/13 京都6R 3歳以上1勝クラスで見事的中。三連単1,349,340円の配当を獲得している。ポイント情報でこの的中率。加えて回収率も文句なし。

  • uma-ya_thumbnail

    うま屋総本家

    10/14 東京4R 三連単で525,030円
    今週は12本の的中を実現。安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。
    無料予想の精度も安定しているので競馬初心者でも安心して利用可能。