【日本ダービー(G1)2018回顧】ロングスパート戦となり積極性が明暗を分けた日本ダービー

日本ダービー(G1)レース結果

先週は春のG1戦線1番のビッグレース、
日本ダービーが行われました。

天候は晴れて良馬場となり、
馬場は超高速と言える状態でした。

ですが、ダービーでは例年のような締まった展開にならず、
前半はスローなペースで進んでいきましたね。

最後も瞬発力よりトップスピードの持続力が問われる展開となりました。

そんなダービーを制したのは、
皐月賞で1番人気ながら大敗を喫したワグネリアン。

積極的な先行策から
最後はジリジリと伸びてきて前を捕らえてゴール。

福永騎手が悲願のダービージョッキーとなりました。

それでは日本ダービーを振り返ってみます。

日本ダービー(G1)レース回顧

スタートはダノンプレミアムが良いスタートを切り、
外に出そうとしますが、3番のテーオーエナジーが
並んできて内に収まります。

外からは一気にエポカドーロ、ジェネラーレウーノが
前に出してきてハナを切ったのはエポカドーロ。

ダノンプレミアムは3番手になり、
後ろにはコズミックフォース、テーオーエナジー。

そして意外にもワグネリアンが外から上がってきてその後ろ。

この積極的な競馬が今回の勝利を掴んだのでしょう。

中団にはサンリヴァル、ゴーフォザサミット、
ブラストワンピースがいて中団後方には
タイムフライヤー、オウケンムーン。

後方にはジャンダルム、グレイル、エタリオウ。

そして後方から2馬身程遅れて、
アドマイヤアルバが最後方で進んでいきます。

向正面に入るとブラストワンピース、エタリオウが
ポジションを上げていきます。

1000Mのタイムは60.8秒。

馬群はそれほど縦長にならず進んでいましたので、
馬場からするとスローなペースだったでしょう。

4コーナー手前まではペースは上がらず進んでいき、
隊列もほぼ変わりません。

そして、4コーナー手前、
エポカドーロ先頭の番手にはジェネラーレウーノ。

そして、コズミックフォースが外から上がってきて、
3番手になりダノンプレミアムはその後ろ。

その4コーナー付近が最速の地点でしたので、
持続力が求められるレースでしたね。

最後の直線。

エポカドーロが1馬身程リードして先頭に立ち、
ジェネラーレウーノはすぐに脱落。

2番手にはコズミックフォースで内にはダノンプレミアムが
ちょっと窮屈そうな感じでエポカドーロの後ろにいます。

外にはワグネリアンとこの4頭が後続を2馬身程空けて進みます。

外ではエタリオウが斜行したため、
サンリヴァルがかなり被害を受けていましたね。

後ろからはゴーフォザサミット、ステルヴィオ、
ブラストワンピース、エタリオウが差してきますが、
伸びは今一つ。

ダノンプレミアムもジリジリと伸びている程度。

残り50M。

エポカドーロが先頭で良く粘っていましたが、
ワグネリアンがついにエポカドーロに並びます。

そのまま脚を伸ばしてワグネリアンがゴール。
見事ダービーを制しました。

2着には最後まで素晴らしい伸びを見せてくれたエポカドーロ。

3着にはこちらも先行から最後まで粘り、
波乱を巻き起こした16番人気のコズミックフォース。

ダノンプレミアムは結局後ろからの馬に差されてしまい、
掲示板も逃す6着となりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

日本ダービー(G1)各競走馬の回顧

■ワグネリアン(1着)
まずまずのスタートから今回は積極的に
先行策を取り最後の直線まで先行で進めました。

最後の直線では序盤はそこまで伸びませんでしたが、
残り100Mあたりからジリジリと伸びて、
前が甘くなったところを捕えてゴール。

ワグネリアンも福永騎手もG1初制覇となりました。

ロングスパート戦となった事で
この馬の良さがでましたしそれを引き出した
福永騎手も素晴らしい騎乗だったと思います。

外枠という不利な枠でありながらの勝利ですので、
馬の能力自体も高いでしょう。

今回のレースレベルはそこまで高くなかった印象ですが、
それでも今後も勝利を重ねていける内容だったと思います。

■エポカドーロ(2着)
先行するとは思っていましたが、
こちらも意外にハナを切っていきました。

最後までハナを譲らず粘り、
あわや2連勝かと思いましたが、
ワグネリアンに交わされて2着。

ハナを切ってロングスパート戦でこの着順という
離れ業をやってのけましたね。

この馬にとってはこれ以上に無い騎乗だったと思いますし、
これ以上を求めるのは難しかったと思います。

ポテンシャル勝負になれば今後も期待できますね。

■コズミックフォース(3着)
こちらも先行策を取り、
最後まで粘って走り3着を死守。

16番人気ながら3着に喰い込み、
波乱を演出しました。

後ろからの馬の伸びが今回は悪すぎたので、
恵まれた感じはありますが、
このメンバーでは3着に入る実力はあったと思います。

前走のプリンシパルステークスも好時計で、
東京の適正も高かったので盲点でした。

■ブラストワンピース(5着)
やや出負けしてから、
内に入れてジワジワとリカバリして好位置に。

最後は内から伸びてこようとしますが、
コズミックフォース、ワグネリアン、
ダノンプレミアムが前に塞がりスムーズに
進路取りができませんでした。

スムーズに行っていれば、
十分に勝ち負けには持っていけたと思います。

髙い総合力はありますので、
今後も好走はできるでしょう。

■ダノンプレミアム(6着)
好スタートから、
内で先行しエポカドーロの後ろを付けて
進んでいきました。

最後は内から伸びてこようとしますが、
伸びはいまいちで6着と惨敗。

最後は窮屈そうでしたが、
進路が無かった訳ではなく、
単純に伸びてこれなかったのだと思います。

はっきりとした敗因はわかりませんが、
休み明けがかなり影響したのかもしれませんね。

■キタノコマンドール(12着)
後方からの競馬で、
最後は伸びずになだれ込むだけになって12着と惨敗。

東京の馬場は合うと思いましたが、
想像以上に伸びてこれませんでしたね。

過大評価し過ぎたと思うような走りでしたが、
それでももう少し伸びても良かったと思います。

良いスタートを切ってからのレース運びも
噛み合っていなかったので、今回は騎乗も悪かったですね。

馬の実力も評価できるものではないですが、
今年のデムーロ騎手は噛み合っていない競馬が多い気がします。

着順を見てみてもなぜ、この馬が来なかったのかと
思うようなレースでしたね。

オークスの方がハイレベルな感じはしましたので、
今後の混合戦での激突を見てみたいですね。

それでは次回のレース予想は、
________
6月3日(日)
安田記念(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は荒れる代名詞と言えるG1レース、
安田記念が開催されます。

過去10年で3連単10万馬券以上の年は、
10回中8回とガチガチの決着になる事は
ほとんどありません。

二桁人気もドシドシ絡んでいますので、
取りこぼさないように見ていきたいと思います。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 9/27 中山6R 三連単で1,039,310円

    予想の精度はもちろん、回収率も申し分無し。

    ここ1ヶ月の無料予想では20万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報はまさに敵なし。

  • 9/27 中京1R 三連単で567,720円。
    今週は各プラン合わせて29レースの的中を実現。

    無料予想の利益は50万円オーバー。

    安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。

    うま屋総本家は3連単予想に優れているので一攫千金を狙うなら絶対ココ

  • 9/27 中山1R 三連単で891,360円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中。

    さらに!

    コロナで無観客開催となっている今がアツい!!

    無観客開催となった3月からの成績は右肩上がり

    ガチ競馬愛用のオススメサイトです!

  • 9/27 中山5R 三連単で2,251,600円。

    無料予想の合計獲得利益はなんと・・

    70万円オーバー!!!

    有料予想に至ってはたったの2レースで110万円超えの利益を獲得!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。