【朝日杯フューチュリティステークス(G1)2015回顧 】大物が現れた予感

朝日杯フューチュリティステークス(G1) 先週のレース傾向

阪神競馬場に舞台を移してまだ2年目で、
過去のデータが無いに等しく、予想し辛いレースでした。

スピードがあるシュウジが前に行く事を想定して、
ペースは速くなるだろうと予想していましたが、
実際にはスローペースからの加速という展開になりました。

前半ではウインオスカーが先行し、
ショウナンライズ、アドマイヤモラールが後を追うような
展開となりました。

後続を引き離して先行していましたが、
直線の手前で隊列は縮まり、直線勝負に。

中団くらいを確保していたエアスピネルが、
前に出てきて独走するかと思いきや、
そこから、猛追してきたのはリオンディーズ。

もの凄い伸びで、エアスピネルに追いつき、
叩き合いに持ち込むと、突き抜けての完勝。

エアスピネルも3着と4馬身の差を付けての
2着でしたので、1着、2着が圧倒的でした。

武 豊騎手のGI完全制覇の偉業はまたもや、
お預けとなってしまいましたね。

それでは、
上位人気馬、注目馬の走りを見ていきましょう。

朝日杯フューチュリティステークス(G1) 各競走馬のレース回顧

■リオンディーズ(1着)
阪神1600Mで後方から抜けるという事は文句無しに強い馬の証明でしょう。
上がり3ハロンは33.3、エアスピネルが34.0、
しかもリオンディーズは大外を回してのこの時計ですので、
強さが一層際立っています。
まだまだ、力が未知数ではありましたが思った以上のトップスピードの質を
持っていました。
これからのクラシック戦での活躍も十分に期待できます。

■エアスピネル(2着)
武 豊騎手のベテランらしい騎乗が光りました。
位置取り、直線までの持って行き方は完璧と言える内容でした。
今回はリオンディーズが強かったとしか言えません。
距離的にはマイルまでが限界かなという印象です。
まだまだ底は見せていないと思いますので、次は小回りのコースでの勝負を見てみたいです。

■シャドウアプローチ(3着)
エアスピネルに4馬身離されてしまいましたが、
前走も馬場が悪い中で脚を伸ばしてきていますし、
血統的にも注視しなければいけなかった存在でしたね。
今回も最後まで粘り強く喰らいつき
3着争いの中では一番良い脚色を見せてたので今後が楽しな馬ではあります。

■シュウジ(5着)
先行するかと思いましたが、今回は下げた位置での競馬。
それが災いしたと思いますが、最後は力がなく完敗。
やはりこの馬は先行した方がスタミナ的にも良いと思いますので、
岩田騎手の騎乗にも疑問を感じるところではありました。
それでも、5着であった事を考えると力がある事には変わりないでしょう。
今回は中途半端な感じで終わってしまいましたが、
短距離でしたら面白い存在になると思います。

■イモータル(9着)
イモータルは今回見せ場は無かったですね。
もう少しやれるとは思いましたが、ラスト1Fまで伸びてこれなかったので、
物足りない雰囲気はありました。
上がりも34.6ですので、現在ではG1を勝つ脚ではない感じです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はなんといってもリオンディーズの勝ち方が印象的でしたね。

距離短縮、経験不足という不安材料を吹き飛ばしての
鮮やかな勝利でした。

大物になる予感を漂わせる圧巻のパフォーマンスでした。

皐月賞を制覇すれば、3冠への期待も膨らむでしょう。

大舞台でのデムーロ騎手の勝負強さも相変わらず凄いですね。
抜群のタイミングで動き出す騎乗も見事でした。
それでは、次のレース予想は、

☆────────☆
12月27日(日)
有馬記念(G1)
☆────────☆

いよいよ、今週は有馬記念です。
今年の競馬も終わりを迎えますね。

極端なペースにはならない、
先行馬が有利というイメージの有馬記念ですが、
近年では、かなりのスロー、追い込みも届くような
展開となっています。

その点を加味し、人気などの先入観は捨てて、
予想していきたいと思います。

この有馬記念がラストランとなるゴールドシップに、
今年大ブレイクを果たしたラブリーデイ。

今年を締めくくるドリームレースで勝利を飾るのはどの馬なのでしょうか。

どこから馬券を買うか迷ってしまいますが、
最後はバッチリ決めたいですね。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 7/17 函館11R 三連単で562,600円。

    圧倒的な回収率を誇る穴党ピカイチ。

    無料予想で10万馬券を2回記録し、これまでに40万円を超える利益を獲得。

    少ない軍資金で大きな払戻しが期待できます!