【朝日杯フューチュリティステークス(G1)2017回顧】圧巻の1頭が現れたレース

朝日杯フューチュリティステークス(G1)レース結果

先週は2歳戦G1の朝日杯フューチュリティステークス。

混合戦ではありましたが、
牝馬不在の中行われました。

前走の成績が優秀な馬が多かったので、
若干は荒れるかと思いましたが、
結果は1番→3番→2番人気の決着。

この秋のG1シーズンの中で最も固い決着となりましたね。

勝利したのは1番人気の期待に見事応えた
ダノンプレミアム。

2着と3馬身差を空ける横綱競馬で
圧勝しました。

それでは朝日杯フューチュリティステークスを振り返ってみます。

朝日杯フューチュリティステークス(G1)レース回顧

まずはスタート。

好スタートを切ったのは
ダノンプレミアム、フロンティア、
アサクサゲンキ、カシアス。

ダノンスマッシュ、イシマツは若干の出遅れ。

積極的に前に行く馬がいないので、
ダノンプレミアムがハナを切るかと思いましたが、
外からケイティクレバー、ファストアプローチが
押してきて前に行きました。

ハナを切ったのはケイティクレバー、
番手にはファストアプローチ、そしてダノンプレミアムの順。

ダノンプレミアムは行きたがっていた感じでしたので、
ハナを切ってくれた馬がいて助かったのかもしれませんね。

ダノンプレミアムの後ろにはカシアス、アサクサゲンキ。

更にフロンティア、タワーオブロンドン、
ムスコローソ、ダブルシャープが続きます。

中団にはケイアイノーテック、アイアンクロー、
ダノンスマッシュ、ステルヴィオ。

後方にはヒシコスマー、イシマツ、ライトオンキュー。

前半800Mのタイムは47.2秒。

やや流れている感じでしたが、
後半は瞬発力勝負になりそうな展開には変わりありません。

隊列はほぼ変わらず、
ケイティクレバーが先頭のまま最後の直線へ。

後方からはステルヴィオが大きく外を回してきます。

ダノンプレミアムはウチをスムーズに周り
絶好の位置で直線へ入っていました。

残り400M付近でダノンプレミアムが一気に仕掛けて先頭へ。

後続をあっという間に引き離していきます。

差し馬勢も追いかけますが、
全く届かない位置に。

もはや2、3番手争いの状態になっていました。

残り200M時点までは
先行勢も粘っていましたが徐々に脱落。

2番手がジワジワ伸びてきた
タワーオブロンドンに変わりましたが、
その直後、後方から勢いよく伸びてきたのは、
ステルヴィオ、ケイアイノーテック。

この2頭がタワーオブロンドンに襲い掛かり、
ステルヴィオが捕えて2着にゴール。

ケイアイノーテックは後一歩届かず4着となりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

朝日杯フューチュリティステークス(G1)各競走馬の回顧

■ダノンプレミアム(1着)
文句無しの強さをみせてくれました。

先行しながらも上がり最速を出していたので、
後続が捕えられないのも無理はありません。

直線すぐに一瞬でギアチェンジを行い、
そこから最後まで伸びてきていますので、
持続力も申し分ないくらいの力。

中距離になった時にどんな走りをするのかが
わかりませんがある程度は問題無く対応できるでしょう。

来年の春はこの馬を中心に考えて良さそうです。

■ステルヴィオ(2着)
ダノンプレミアムには完敗したものの、
最後の直線でスムーズさを欠いた中での2着ですので、
この馬も強い競馬をしたと思います。

それでも器用さや素質的にはダノンプレミアムには
及ばない感じでしたので、今後の路線が気になりますね。

■タワーオブロンドン(3着)
こちらはダノンプレミアムをマークする形で
進んでいましたが最後は圧倒的な差をつけられてしまいました。

立ち回りも良かったので、
上位2頭との差は感じましたね。

持続力がないので、
距離は1200M~1400Mがベストかもしれません。

■ケイアイノーテック(4着)
ハナ差で惜しくも馬券内を外してしまいました。

最後は進路が狭く外に出す時にロスがありましたが、
それでもタワーオブロンドンにかなり迫っていたので、
3着との力差はないと思います。

こちらは距離が伸びても良さそうなので、
中距離での活躍も期待したいですね。

■ダノンスマッシュ(5着)
出遅れが響き後方からの競馬となってしまいました。

ただそのおかげで、
終始ウチを回ってロスの無い競馬ができたのですが、
それでも最後の伸びは上位には見劣りましたね。

これ以上の距離延長は難しい感じです。
マイル戦でもかなりの展開の助けが必要となりそうですね。

■フロンティア(8着)
道中は中団の位置で進みましたが、
最後は伸びも無く流れ込むだけでした。

そこまで無理な流れではなかったので、
これで末脚を引き出せないようなら、
評価を落とした方がいいかもしれませんね。

ドスローの展開ではないと難しいかもしれません。

とにかくダノンプレミアムは圧巻の競馬でした。

今年も完成度の高い2歳馬が出てきましたね。
来年のG1での活躍が楽しみです。

それでは次回のレース予想は、
_________
12月24日(日)
有馬記念(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いよいよ有馬記念が今週開催されます。

今年からホープフルステークスがG1昇格になり、
最後のG1が有馬記念ではなくなりましたが、
それでもやはり締めくくりは有馬という感じは消えません。

今年を代表する馬が参戦し、
一番の注目はやはりこのレースで引退する
キタサンブラックでしょう。

今年は堅そうな雰囲気が出ていますが、
締めくくりはできれば万馬券がいいですね。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 9/27 中山6R 三連単で1,039,310円

    予想の精度はもちろん、回収率も申し分無し。

    ここ1ヶ月の無料予想では20万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報はまさに敵なし。

  • 9/27 中京1R 三連単で567,720円。
    今週は各プラン合わせて29レースの的中を実現。

    無料予想の利益は50万円オーバー。

    安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。

    うま屋総本家は3連単予想に優れているので一攫千金を狙うなら絶対ココ

  • 9/27 中山1R 三連単で891,360円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中。

    さらに!

    コロナで無観客開催となっている今がアツい!!

    無観客開催となった3月からの成績は右肩上がり

    ガチ競馬愛用のオススメサイトです!

  • 9/27 中山5R 三連単で2,251,600円。

    無料予想の合計獲得利益はなんと・・

    70万円オーバー!!!

    有料予想に至ってはたったの2レースで110万円超えの利益を獲得!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。