【桜花賞(G1)2017予想】2強を軸に伏兵馬を狙いたいレース

牝馬のクラシック初戦、桜花賞が今週は行われます。

すでにG1レースは行われていますが、
やはり、桜花賞が春のG1開幕という感じがしますね。

コース改修前は枠順やペースが大きく影響していましたが、
改修後は力通りの結果になるようになりました。

ただ、それでも桜花賞は内枠が不利という事もあり、
人気馬が飛ぶ事も多々あります。

今年もソウルスターリングやアドマイヤミヤビなど、
レベルも高い牝馬が出走しますが、
どのような結果になるのでしょうか。

それでは、過去の傾向から桜花賞を見ていきます。

人気順から見る過去傾向

☆基本は人気馬が好走するレース☆

過去10年で見ると1~3番人気の複勝率は
40%~60%とまずまずの成績です。

ただ、1番人気の勝率は30%と
そこまで高い信頼度はありません。

また、人気薄でみると9番人気以降の馬は
過去5年で1頭しか連対していないので、
そこまで穴狙いはしない方がいいでしょう。

枠順から見る過去傾向

☆内枠は人気馬でも苦戦傾向☆

過去10年で馬券で絡んだ30頭のうち、
1~6番が絡んだのはわずかに3頭

これほど偏る事は珍しいくらい偏りがあります。

人気馬であっても内枠なら切ってしまうのも、
面白いかもしれません。

前走から見る過去傾向

☆圧倒的に強いチューリップ賞組☆

有名な傾向ではありますが、
桜花賞はチューリップ賞組が圧倒的に強いです。

結局はチューリップ賞組決まるのか。
と思う事が多々あります。

過去10年で17頭も馬券に絡んでおり、
チューリップ賞で奮わなかった馬も
桜花賞で好走しています。

桜花賞(G1) コース解説

桜花賞が行われるのは阪神1600M芝。

向こう正面途中からのスタートで、
まずは平坦な直線が続きます。

コース自体は枠順の有利不利はないようなコースなのですが、
ダッシュ力がない馬は包まれやすくなりますので、
脚質には注意が必要です。

メジャーエンブレムも昨年は包まれて
4着に敗退してしまいました。

そして、スタートから2F目で上り坂になります。

ただ、ここは加速がついてからの上りなので、
ペースが緩まる事はありません。

そしてカーブに差し掛かりますが、
ゆったりしたカーブなので、
ここもペースは緩まないまま進みます。

4コーナーの途中からは、
下りに入り最後の直線途中まで下り坂。

このようなコースなので、
終始ペースは速くなりがちで、タフなレースとなるでしょう。

ラストは高低差2Mの上り坂。

ここで、力のない先行馬は崩れてきます。

最後は瞬発力勝負になりやすく、
差し・追い込み馬が台頭する事が多いですね。

逃げ・先行馬は余程の力がないと厳しいでしょう。

桜花賞(G1) 注目馬予想

今回の出走馬は以下の18頭

・ミスエルテ
・ライジングリーズン
・サロニカ
・ジューヌエコール
・ベルカプリ
・リスグラシュー
・ショーウェイ
・カラクレナイ
・ゴールドケープ
・レーヌミノル
・アロンザモナ
・アエロリット
・ヴゼットジョリー
・ソウルスターリング
・アドマイヤミヤビ
・ミスパンテール
・ディアドラ
・カワキタエンカ
では、この18頭の中から調教具合や血統、適正などを加味して、
桜花賞の注目馬をあげていきましょう。

■ソウルスターリング
2歳女王のソウルスターリング。

スピードもあり、速い上がりも使えて、
これといった死角が見当たりません。

先行なので、差される可能性もありますが、
この馬なら力で押し切りそうな感じもします。

逆らう理由はないと思います。

■アドマイヤミヤビ
こちらも未勝利戦から3連勝中と、
実力は伺う余地はありません。

キレ味が突出しているわけではありませんが、
レベルの持続力は桜花賞に合っているのではないでしょうか。

カデナやアウトライアーズと言った実力馬も負かしているので、
こちらも切れない存在です。

■カラクレナイ
持続力もあり、鋭いキレ味も出せるカラクレナイ。

3連勝中で勢いに乗っています。

前走も厳しい流れの中で勝利し、
強い競馬をしたと思います。

前走がフィリーズレビュー、
鞍上の乗り替わりとマイナスな面はありますが、
狙ってみたい馬ではあります。

■レーヌミノル
これまで6戦で馬券に5回絡み、
着外の1回も4着と抜群の安定感を持っています。

速く長い脚を使いながら、
最後に加速もできる高い能力を持っています。

そして、これまで仕掛けなどが、
噛み合っていない感じでしたが、
今回は鞍上が池添騎手に変わったので、
更に評価を上げてもいいかもしれません。

■ミスパンテール
まだ2戦しかしていませんが、
前走はソウルスターリング相手に
2着と健闘しました。

同コースでの好走でしたので、
適正は問題なく、前走からの上積みも期待できます。

まだまだ未知数なところはありますが、
面白い存在でしょう。

◇━━━━━━━━━━━━━━━◇

以上が現時点での注目馬です。

抜群のキレ味を持つリスグラシューも
人気になると思いますが、内枠に入ったので、
思い切って切るのもありかもしれませんね。

G1初挑戦の馬が多くいるので、
伏兵馬がどのような能力を見せてくれるのかが楽しみです。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 5/2 東京11R 三連単で825,200円。

    無料予想の利益は120万円を突破!

    月間30万円の利益も狙えるアルカナムの予想を今すぐチェック。