Home  >>  【読売マイラーズカップ(G2)2018回顧】厳しい流れで持続力の差が出たレース

【読売マイラーズカップ(G2)2018回顧】厳しい流れで持続力の差が出たレース

読売マイラーズカップ(G2)レース結果

気温が一気に上がり真夏日の中で行われた、
安田記念の前哨戦、マイラーズカップ。

コンディションも良く軽めの馬場でしたね。

レースは厳しい流れの中、
早い仕掛けとなり、瞬発力よりタフさが求められる
レースとなりました。

結果は後方から伸びてきたサングレーザーが
ジワジワと伸びてきて前を差しきってゴール。

マイルでは勝ちきれない成績が続いていた中、
ここで結果を出してきました。

それでは読売マイラーズカップを振り返ってみます。

読売マイラーズカップ(G2)レース回顧

まずはスタート。

ほぼ揃ったスタートから、
まず抜け出してきたのはモズアスコットとピークトラム。

しかしすぐに若干下げて、
内からベルキャニオン、ロジクライ、ムーンクレストが
出てきます。

後ろにはモズアスコット、ヤングマンパワー、
グァンチャーレ。

中団にはカデナとエアスピネル。

テイエムイナズマとサングレーザーが
エアスピネルをマークする形に。

ガリバルディ、ダッシングブレイズ、
ピークトラム、ブラックムーンの
4頭が最後方に固まっています。

序盤は縦長の隊列となり、
前半の800Mは流れて45.8秒とレコードペース。

下りに入りペースは落ちる事なく進んでいきます。

後半も流れましたので、
実力が問われる展開となったでしょう。

4コーナー手前から後続の馬を押し上げてきて、
馬群が縮まります。

先頭はロジクライのまま最終カーブへ。
ロジクライと後続との差はほとんどありません。

最後の直線へ向かうと、
すぐに先頭はモズアスコットへと変わります。

モズアスコットが早めの動き出しで後続と3馬身程
突き放していきます。

ロジクライ、ベルキャニオンの先行組の伸びはいまいちで、
エアスピネル、サングレーザーが外から追走。

残り200M。

ジワジワと伸びてきたのは、
エアスピネル、サングレーザー。

先行組を交わしてモズアスコットを強襲します。

後方からガリバルディも追い込んできますが、
距離的に届かない位置。

残り100Mはモズアスコット、
エアスピネル、サングレーザーの3頭の戦いに。

ゴール手前、一気に脚を伸ばして
モズアスコットを捕らえたのはサングレーザー。

そのまま力強く伸び、
2着と1馬身以上を開けるレコードでの快勝となりました。

2着にはエアスピネルを振り切って粘ったモズアスコット、
エアスピネルは3着となりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

読売マイラーズカップ(G2) 各競走馬の回顧】

■サングレーザー(1着)
中団少し後ろでエアスピエルをマークするように進め、
最後の直線でしっかりと伸びてゴール。

終始内を走っていましたが、
最後の直線ではスッと外に出してロスがない競馬をしていました。

良い騎乗だったと思います。

序盤の厳しい流れから最後も脚を使ってきており、
馬自身も強かったですね。

府中は緩い流れになりやすいので、
その時にどうなるかはまだ不明な点はありますが、
本番でも楽しみな1頭ですね。

■モズアスコット(2着)
先行してそのまま最後の直線へ。
最後はジワッと伸びて先頭に立ちますが、
少し甘くなってサングレーザーに差されて2着。

あのペースで先行してエアスピネルは交わしたんですから、
この馬も強い競馬をしたと思います。

レコードのペースでここまで走れてますし、
先行有利な展開になりそうなら
今後も信頼度は高いといえるでしょう。

■エアスピネル(3着)
中団で無理なく進め、
最後は外を回して伸びてきますが、
キレが足りずモズアスコットに交わされ3着。

内を立ち回っていたサングレーザーと比較すると
ロスは多かったですね。

状態面も良くなかったと思いますので、
仕方のない結果だと思います。

安田記念では叩かれて状態は上がっていると思うので、
更に良いパフォーマンスを出して欲しいですね。

■ガリバルディ(4着)
やや出負けしていつも通り、後方からの競馬。

ロスなく立ち回って最後はジリジリ伸びていましたが、
前3頭とは差があり4着と完敗。

良い流れだったと思いますが、
差し切れませんでしたね。

休み明けを考慮してももうワンパンチ欲しいところです。

■ロジクライ(7着)
先行争いからハナを切り、
最終コーナーまではハナを切って進めていました。

最後の直線では早々に脚が鈍り、
ジリジリと下がって7着と惨敗。

厳しいペースに付いていけてなかったと思います。

ハーツクライ産駒ですので、
もう少し長い距離でゆったりしたペースの方が
合っているのかもしれません。

厳しい流れとなり、
実力差が出たレースだったと思います。

マイルなら上位3頭は今後も期待できそうですね。

それでは次回のレース予想は、
__________
4月29日(日)
天皇賞(春)(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は春の古馬頂上決戦、
天皇賞(春)が行われます。

3200Mというステイヤー気質の強い距離ですので、
実力馬といえど飛ぶ可能性が高いレースです。

昨年こそガチガチの結果になりましたが、
それまでは8年間3連単10万オーバーと
荒れた結果が続いていました。

今年もメンバー的に伏兵馬が台頭する可能性は
十分にあると思います。

無料で登録できる、優良な検証済み競馬予想サイトです!

  • s__10420226

    勝てる競馬

    7/14 福島09R 開成山特別で見事的中。三連単45,690円の配当を獲得している。勝てる競馬で一番安価なプランでこの配当金。的中率・回収率ともに文句なし。

  • keibatown

    ケイバタウン(KEIBA TOWN)

    7/14 中京08R 3歳上1勝クラス 三連単で1,310,680円。高配当狙いの競馬サイトだが的中率は安定していて穴狙いの3連単でも的中を連発。14は合計で11鞍の的中。

  • turf

    ターフ(TURF)

    7/14 福島7R 3歳未勝利で296,800円の的中を確認。昨年からノッているTURFは今年も絶好調。登録週から参加できる無料情報も好調で今後の予想にも期待できる。

  • kinbaken

    金馬券

    7/14 函館10R 北海ハンディキャップで見事的中。三連単1,771,340円の配当を獲得している。ポイント情報でこの的中率。加えて回収率も文句なし。