【高松宮記念(G1)2018回顧】ハイペースな展開だが素直な実力差が出たレース

高松宮記念(G1)レース結果

週末は良い天気に恵まれ良馬場の中で、
G1シーズン初戦の高松宮記念が開催されました。

良馬場であったものの、
時計はかかる馬場でタフな状態だったと思います。

展開は前半がハイペースなスプリント色の強い展開になりました。

先頭は総崩れの展開になり、
勝ったのは好位置から除々に脚を伸ばしてきたファインニードル。

念願の初G1制覇となりました。

それでは、レース回顧をしていきます。

高松宮記念(G1)レース回顧

まずはスタート。

ほぼ揃ったスタートから、
まず好スタートを切って前に出てきたのはセイウンコウセイ。

リエノテソーロ、ブリザードの内枠勢もついていきます。

外からはダイアナヘイローも前に出てきて、
ネロも上がっていきます。

その後ろにはファインニードル、レッツゴードンキ、
ナックビーナスと今回の1~3着の3頭が固まっています。

中団後ろにはレーヌミノル、ダンスディレクター。

後方2番手にはレッドファルクス。

セイウンコウセイ先頭で進んでいきましたが、
ダイアナヘイロー、ネロがかなりつついていましたので、
前半のペースは33.3秒と昨年より速いものとなりました。

後続ともそこまでの差はなかったので、
全体的にハイペースといってもいいでしょう。

隊列はほぼ変わらず、
セイウンコウセイ先頭のまま最後の直線に入ります。

最後の直線、
ダイアナヘイロー、ネロはすでに脚が無く、
早々にズルズルと下がっていきます。

まず伸びてきたのはブリザード。

直後に内からレッツゴードンキが一気に差を詰めて、
先頭に立ちます。

ここでレッツゴードンキが外のセイウンコウセイの方へ斜行。

セイウンコウセイの隣にも
ナックビーナス、ブリザード、ファインニードルが
並走していましたので、前が5頭がごちゃついた感じになりました。

内からはダンスディレクターが伸びて2番手に上がってきています。

レッドファルクスは後方の内から攻めてきましたが、
進路が上手く空かずウロウロと相当ロスをしていましたね。

残り100M。

各馬が伸び悩む中、もう一伸びしてきたのは
ファインニードルとナックビーナス。

前のレッツゴードンキを強襲します。

レッツゴードンキも粘っていましたが、
最後の最後、ゴール手前でファインニードルが
差してゴール。

ナックビーナスはレッツゴードンキに
後一歩届かず3着となりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

高松宮記念(G1)各競走馬の回顧

■ファインニードル(1着)
やや前目の位置から最後はジワジワと伸びて
先頭のレッツゴードンキを捕えてゴール。

不安点はありましたが、
初の中京もしっかりとこなしてくれました。

かなり成長を感じられ
本格化している印象ですね。

立ち回りも上手く、
1200Mなら今後も崩れずに走ってくれそうです。

■レッツゴードンキ(2着)
中団の内で進んでいき、
最後も内を突いてきて伸びてきましたが、
ゴール手前で差されて2着。

これ以上にないくらい良い競馬でしたが、
惜しかったですね。

このような時計の掛かる馬場でも
積極的にいけるのはこの馬の強みですね。

勝ちに見放されていますが、
良い走りはしていますので、
何とかG1でもう一度勝利して欲しいですね。

■ナックビーナス(3着)
ファインニードルと同じような位置で立ち回り、
最後もファインニードルに劣らない伸びで
伸びてきましたが後一歩届かず3着。

やはり後一歩押し切る力が足りないですが、
良く頑張ったと思います。

G1になるとワンパンチ足りませんが、
流れても脚が使えるので、
今後もスプリント路線で期待したいと思います。

■ダンスディレクター(4着)
やや後方から最後は内から
伸びてきて一時は2番手に立ちましたが、
最後は甘くなって4着。

あの位置ならもう少し突き抜けられると思いましたが、
出負けしたり、3コーナーで少し窮屈になったりと
ややロスがあった事が響いたかもしれませんね。

今回は高齢と休み明けという事で馬券からは
外しましたがまだまだ展開が噛み合えば走れそうです。

■セイウンコウセイ(6着)
終始ハナを切って最後の直線に
向かいましたが、徐々に後続に押し上げられて
結果は6着。

昨年の優勝馬でしたが
連覇はなりませんでした。

負けてはしまいましたが、
よく粘っていたと思います。

馬体重を14キロ絞ってきていたので、
もしかしたらとは思いましたが、
現状の実力はこのあたりという事だと思います。

■レッドファルクス(8着)
後方からの競馬で、
内で我慢して走っていました。

最後は伸びようとしますが、
前に壁があったため思うように
伸びる事ができず8着と惨敗。

展開的にも最後の直線のロスであったりと、
悪い条件が重なってしまったと思います。

後方ではありましたが
この馬にとっては速かったと思いますので、
前半に力を削がれるような展開になる時は
力を出し切れないのだと思います。

展開の有利不利はあったと思いますが、
現状の力差が出ていたレースだと思います。

スプリンターの勢力図はそこまで変わっていませんが、
ファインニードルの今後の走りが楽しみですね。

それでは次回のレース予想は、
_______
4月1日(日)
大阪杯(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は阪神の中距離競争、大阪杯が行われます。

有力馬が多く出走するG2レースでしたが、
昨年からG1に昇格しました。

昨年の1回目の優勝馬はキタサンブラック。

今年も昨年活躍した馬が多く出走しますので、
実力馬達の激突が楽しみですね。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 9/12 中山11R 三連単で737,200円

    予想の精度はもちろん、回収率も申し分無し。

    ここ1ヶ月の無料予想では30万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報はまさに敵なし。

  • 9/13 中山7R 三連単で1,044,420円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中。

    さらに!

    コロナで無観客開催となっている今がアツい!!

    無観客開催となった3月からの成績は右肩上がり

    ガチ競馬愛用のオススメサイトです!

  • 9/13 中山3R 三連単で1,016,470円。

    無料予想の合計獲得利益はなんと・・

    60万円オーバー!!!

    有料予想に至ってはたったの2レースで110万円超えの利益を獲得!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。

  • 9/13 中山1R 三連単で1,317,600円。

    無料予想ながら、公開される券種は3連単。

    「3連単?なら当たんないじゃん」

    と思ったそこの貴方。

    AXKEIBAにかかれば3連単の的中は朝飯前なんです。

    本当かって?

    使ってみればわかりますよ。