【NHKマイルカップ(G1)2018回顧】スムーズな競馬とならず次の参考になりづらいレース

NHKマイルカップ(G1)レース結果

やや強い風が吹く中、今週は3歳マイル王決定戦
NHKマイルカップが行われました。

ペースは平均ペースで
ラスト1Fがあまり伸びなかった印象です。

終始団子状態の混戦を制したのは
後方から伸びてきたケイアイノーテック。

藤岡騎手が見事な騎乗でG1初制覇を飾りました。

それではNHKマイルカップを振り返ってみます。

NHKマイルカップ(G1)レース回顧

スタートし、
出遅れたのはカツジとプリモシーン。

好スタートを切ったのはダノンスマッシュ、
その後ろにテトラドラクマ。

続いてファストアプローチ、フロンティア、
ギベオンが並走しています。

外から、ミスターメロディ、カシアスも
積極的に前に行こうとしています。

リョーノテソーロ、パクスアメリカーナが中団の位置で
外から掛かってロックディスタウン。

中団後方には内にタワーオブロンドン、
外にレッドヴェイロン、アンコールプリュ。

その後ろにプリモシーン。

後方にはルーカス、ケイアイノーテック、
最後方にデルタバローズの順。

隊列は固まった感じになりました。

序盤600Mのタイムは34.4秒。

序盤は平均ペースではありますが、
ここから中盤がそこまで緩まなかったので、
前の馬は厳しい展開となったでしょう。

先頭はテトラドラクマに変わりましたが、
隊列はそこまで変わらずに4コーナー。

先頭集団も団子状態で4コーナーを周り
最後のコーナーへ向かいます。

ミスターメロディ、ダノンスマッシュが
反応がよく外から回して前3頭並んで最後の直線へ。

最後の直線。

先頭はミスターメロディに変わり、
テトラドラクマ、ミスターメロディ、ダノンスマッシュの
先頭3頭がジワジワと進んでいきます。

タワーオブロンドンは内にいき、
前が開くのを待っていましたが、
なかなか前にスペースができません。

残り400M程で先頭の間をついて
抜け出したのはギベオン。

外からはパクスアメリカーナ、レッドヴェイロン、
ケイアイノーテックが脚を伸ばしてきます。

テトラドラクマは力なく下がっていき、
ギベオン、ミスターメロディが前で粘ります。

レッドヴェイロン、ケイアイノーテックの
2頭が更に脚を伸ばして前を強襲。

最後のゴール手前、
混戦の中、最後もう一歩抜け出した
ケイアイノーテックが先頭を差してゴール。

2着は前で粘ったギベオン。

3着は甘くなったミスターメロディを捕ええた
レッドヴェイロンとなりました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

NHKマイルカップ(G1)各競走馬の回顧

■ケイアイノーテック(1着)
序盤はやや出負けして、下げて後方から。

後方で無理せず進めて最後は大外を回して直線へ。

直線序盤は反応が悪かったですが、
そこからジワジワと伸び、ラスト1Fでもう一段階
脚を伸ばして前を差し切りゴール。

最後の直線に賭けた走りで、
この馬の良さを活かした好騎乗でしたね。

あの位置から届くとは思いませんでしたので、
馬自体の能力も讃えるべきでしょう。

2000Mくらいまでなら十分にやれる力はあると思うので、
今後、中距離路線での活躍が楽しみです。

■ギベオン(2着)
序盤は上手くスタートを決めて、
先行してからやや抑えて好位で競馬。

最後の直線手前では窮屈な感じでしたが、
前が開いたのでスペースに入って抜け出してきました。

残り300Mでは先頭に立ちますが、
最後はケイアイノーテックに差されて2着。

2着とはなりましたがかなり強い競馬をしましたね。

ただ、決め手が甘い感じはありますので、
ダービーでは厳しくなりそうです。

■レッドヴェイロン(3着)
今回もやや出負けして後方からの競馬。

最後はケイアイノーテックと同時に伸びてきましたが、
ケイアイノーテックには劣り3着。

上がりの鋭さをしっかりみせてくれました。

まだパンチが足りないですが、
レースを重ねる毎に成長を感じられますので、
今後も府中では楽しみです。

■ミスターメロディ(4着)
好スタートから前に行きますが、
すぐに抑えて先行集団の外につけました。

最後は一瞬先頭になりますが、
ラスト2Fくらいで甘くなり後続に差されて4着。

後半勝負になるとやはり足りないところがあるので、
序盤からもう少し積極的に行っていれば
面白かったかもしれないですね。

ちょっと噛み合ってない感じでしたが、
馬自体の能力は素晴らしいと思います。

本質はスプリンターだと思うので、
次は1200~1400Mで見てみたいですね。

■プリモシーン(5着)
出負けしてから中団後方で、
タワーオブロンドンをマークするような形で
進めていきます。

そこから内を走り最後は、
前が開かないと見て大外にシフトチェンジ。

大外に出てもケイアイノーテックに蓋をされて
前に出せず、そこから伸びてはきましたが
5着が精一杯でした。

ここまでのロスがあったのによく5着に
入ったと思います。

馬自体は良かったと思いますが、
騎乗が良くなかったですね。

■タワーオブロンドン(12着)
序盤は中団の内で進めますが、
流れてる割りに前が団子状態で、
道中は窮屈な中進める事に。

最後の直線も内に入り全く前が開かない状況。

もうどうにもならない感じとなり、
なだれ込むだけで12着と大敗。

この展開だと仕方ないところはありますが、
それでも伸びは少し悪かったように思いますね。

今回である程度の適正距離がわかると思いましたが、
何とも言えない結果となりました。

全員が早い流れに付いていき馬群が固まったせいで、
スムーズな競馬ができない馬が多かったですね。

タイム的にも平凡ですので、
なかなか今後の参考になりにくいレースでした。

それでは次回のレース予想は、
_____________
5月13日(日)
ヴィクトリアマイル(G1)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は牝馬のマイルG1、
ヴィクトリアマイルが開催されます。

近年は荒れ模様で過去5年で
4回も二桁人気が絡んでいます。

コースデータよりも前残りが多いレースで、
リピーターも多いですね。

その点に注意しながら予想をしていきたいと思います。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 2/16 小倉7R 三連単で734,160円。
    今週は8本の的中を実現。安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。
    うま屋総本家は3連単予想に優れているので一攫千金を狙うなら絶対ココ

  • 2/16 東京7R 三連単で842,370円
    予想の精度には誰もが驚くはず。多くの情報を取り扱う競馬予想サイトの新星。
    無料予想の精度にも申し分ないのでかなりオススメ。

  • 2/16 東京3R 三連単で562,500円
    今週も多くの的中を実現。安定感はもちろん、予想精度には誰もが満足するはず。
    無料予想の精度も安定しているので競馬初心者でも安心して利用可能。

  • 2/16 小倉7R 三連単で1,284,780円。
    今週は7レースの的中で抜群の安定感、文句なしの結果と言えるでしょう。新規登録時に貰える週末の無料予想も精度が高くオススメ。