【新潟記念(G3)2017回顧】レベルが高く、収穫が多かったレース

新潟記念(G3)レース結果

今週はサマー2000シリーズの最終レース、
新潟記念が開催されました。

レースは想定よりやや速いペースとなり、
意外と締まった流れとなった事で、
レベルの高いレースとなりました。

今年も馬券を独占したのは逃げ・先行馬となり、
レースを制したのは、夏に勢いのあったタツゴウゲキ。

見事、サマー2000シリーズのチャンピオンになり、
ローカル開催が締めくくられました。

新潟記念(G3)レース回顧

まずはスタート。

出遅れが目立ったのは、
ルミナスウォリアー、シャドウウィザード、
ロッカフラベイビー。

素晴らしいスタートを切ったのは1番のタツゴウゲキ。

ハナを切るかと思いましたが、
同じく良いスタートを切ったウインガナドルが外からハナを奪います。

その後ろは内から順番に
カフジプリンス、ソールインパクト、アストラエンブレム。

もう少し前に行くと思ったマイネルフロストは、
2列目の後ろ。

他の上位陣は3番人気のルミナスウォリアーが
リカバリーをして中団の位置に。

2番人気のトーセンバジルはいつも通り後方から。

前半の1000Mは59.0秒。

最後の直線までは終始ウインガナドルハナを切りましたが、
タツゴウゲキも常に半馬身~1馬身差程に詰めており、
後方の馬もそこまで離れる事なく付いていたので、
全体的にも締まった流れとなりました。

総合力、持続力が問われるレースとなったでしょう。

最後の直線手前、
先行していた馬は荒れている内を避けて、
上手く外に寄せて周っていました。

先頭はすぐにタツゴウゲキに変わり、
外からアストラエンブレム、マイネルフロスト、
トーセンバジルが追い上げてきます。

内からはカフジプリンス。

アストラエンブレムがまずウインガナドルを捕えますが、
先頭で走っていたタツゴウゲキ、ウインガナドルも
良い粘りを見せてなかなか後ろとの差が詰まりません。

ラスト50Mカフジプリンスがようやくウインガナドルに
追いついて差してきます。

アストラエンブレムもジワジワ伸びていましたが、
最後はタツゴウゲキが粘りを見せて1着。

調子の良さを証明する素晴らしいレースで
新潟記念を制覇しました。

それでは、各馬の回顧をしていきます。

新潟記念(G3)各競走馬の回顧

■タツゴウゲキ(1着)
終始先行し、
持続力を活かしたレースで見事に1着。

秋山騎手の積極策が功を奏したと思いますが、
今後も一定の好走はしてくれそうですね。

後半特化になってしまうと、
甘くなりそうですが、ペースが上がると強いと思います。

G2クラスに行くと厳しくなりそうですが、
このメンバーレベルだと十分に通用するでしょう。

■アストラエンブレム(2着)
前目の理想的なポジションを取りましたが、
最後は伸び足らずクビ差で差し切る事ができませんでした。

ただ、初の2000Mで斤量も56.5キロと考えると
十分な走りをしてくれましたと思います。

最後の伸びはイマイチでしたので、
やはり2000Mは長いかなという印象です。

■カフジプリンス(3着)
今回は近走とは違い、
前目のポジションでの競馬をしましたが、
このポジションが結果的に吉となりました。

キレ味はそこまでないので、
ロングスパートになればある程度好走の
可能性が出てきますからね。

速い流れとなれば今後もヒモまでは狙えると思います。

■ウインガナドル(4着)
外から終始ハナを切っていきました。

最後の直線では良く粘っていましたが、
最後は甘くなってしまい4着。

馬券内は外してしまいましたが、
この展開の中良く走ったと思います。

今後の成長が楽しみです。

■マイネルフロスト(6着)
ウインガナドル、タツゴウゲキが
想像以上に速いラップを刻んだ事で、
前に行く事ができず、いつもよりやや後ろの位置になりました。

最後まで前のポジションは獲れず、
伸びも無いまま流れ込むようにゴール。

予想より速いペースとはいえ、
この馬にとっては極端な速さではなかったと思います。

後半が甘くなる事はわかっているので、
もう少し前に付けても良かったと思います。

■トーセンバジル(7着)
出負けはしましたがいつもどおり後方からの競馬。

上がり最速で最後は上がってきましたが、
前には届かず7着と完敗。

この馬にとっては今回のペースは難しかったでしょう。

速いペースの割りに良く伸びてこれたと思います。

もう少し距離が長い方がいいかもしれないですね。

予想以上にレベルの高いレースとなり、
上位4頭はこの秋が楽しみです。

各馬、更にスタミナが問われるレースで見てみたいですね。

それでは次回のレース予想は、
______________
9月10日(日)
セントウルステークス(G2)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週から開催場は中山・阪神に変わりまずが、
サマーシリーズはまだ続きます。

今週はサマースプリントシリーズの最終戦、
セントウルステークス。

ハンデ戦ではないのですが、堅実に決まる事も多く、
2015年には40万馬券、2012年は37万馬券と
波乱も見られるレースです。

スプリンターズステークスの前哨戦とはいえ、
レースに質は全く違うのですが、
1200Mで好走する馬が素直に走りやすいですので、
その辺りを注目して予想していきたいと思います。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 9/27 中山6R 三連単で1,039,310円

    予想の精度はもちろん、回収率も申し分無し。

    ここ1ヶ月の無料予想では20万円以上の利益を獲得中。

    無料予想で10万馬券を叩き出せるのは的中マーケットだけ!

    毎週様々なプランが激安で販売されるので思いも寄らない掘り出し物が見つかるかも!?

    他社と連携し精査された情報はまさに敵なし。

  • 9/27 中京1R 三連単で567,720円。
    今週は各プラン合わせて29レースの的中を実現。

    無料予想の利益は50万円オーバー。

    安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。

    うま屋総本家は3連単予想に優れているので一攫千金を狙うなら絶対ココ

  • 9/27 中山1R 三連単で891,360円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中。

    さらに!

    コロナで無観客開催となっている今がアツい!!

    無観客開催となった3月からの成績は右肩上がり

    ガチ競馬愛用のオススメサイトです!

  • 9/27 中山5R 三連単で2,251,600円。

    無料予想の合計獲得利益はなんと・・

    70万円オーバー!!!

    有料予想に至ってはたったの2レースで110万円超えの利益を獲得!

    ガチ競馬が自信をもってオススメする

    優良サイトです。