【第63回神戸新聞杯(G2)2015回顧】ただの逃げ切りではなかったレース

神戸新聞杯(G2) 先週のレース傾向

かなりのスローペースとなった今回の神戸新聞杯。

菊花賞へのトライアルという事で、
見応えのあるレースとなり、色々と本番への展望が見えたレースと
なったのではないでしょうか。

実際にこの神戸新聞杯は菊花賞との結びつきが強く、
過去10年の勝ち馬は10頭中9頭が菊花賞で複勝圏内に入っています。

1番人気のリアルスティールは、
勝ちは逃したものの、やはり休み明けを懸念してか、
そつなく乗っている感じが見受けられましたね。

ただ、やはり周りは当然リアルスティールを警戒してた模様。

そのせいで全体のペースが乱れてしまったのでしょう。

3コーナーを着てもまだ緩い流れとなった事から、
最後の上がりが勝負のレースとなりました。

人気どころのキロハナ、マッサビエルは
休み明けという事もあったと思いますが、
距離が合わないという事と、
この強豪相手ではやはり厳しいという印象を受けました。

このレースでこの夏の成長具合や、
力の差が見えてきましたね。

それでは、各競走馬の走りを見ていきましょう。

神戸新聞杯(G2) 各競走馬のレース回顧

■リアファル(1着)
ノーマークですんなりとハナを切り、
マイペースにレースを進める事が出来た事も
勝てた要因でしょうが、最後の3Fが34.1というのは、
リアファルは力があるという証拠でしょう。

菊花賞の距離になってもスタミナ的にも問題なさそうです。

ルメールの流れを作る騎乗も非常に良かったと思います。

■リアルスティール(2着)
今回は勝つ事が目的ではなかった模様だったリアルスティール。

本番に向けての調整も兼ねていたのでしょう。

骨折明けで心配されていましたが、
上がり34.0の数字は十分に手ごたえを感じた走りとなったはずです。

■トーセンバジル(3着)
上がりは34.1と素晴らしい脚を使ってきました。

菊花賞への出走権利を得るという四位騎手の狙い通りの
結果でしょう。

レースの流れを読む事に優れた
ベテランならではの立ち回りはさすがだと感じました。

血統的にも3000Mの適正はありますので、
菊花賞でも見ものだと感じました。

■アルバートドック(7着)
リアルスティールの後ろを取りながら、
更に下げる競馬をしていたので騎乗に
疑問が残る競馬となりました。

そして、道中での競馬はそこまで厳しい競馬ではなかったので、
最後の伸びを見ていると、持続力が想像以上に
期待出来ない馬なのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セントライト記念、神戸新聞杯と
2週続けて菊花賞へのトライアルレースが行われましたが、
セントライト記念に関してはレベルが高いレースとは
言えませんでした。

それに比べ、神戸新聞杯は派手な感じではありませんでしたが、
セントライト記念とのレベルの差が数字として表れています。

今年は力関係もハッキリしているので、
荒れるレースにはならないのかもしれません。

さて、
今週はいよいよG1がスタートします。

10月4日(日)
スプリンターズステークス(G1)
ロードカナロアが引退してから、
スプリンターのスーパースターが不在の今。

ストレイトガール、ベルカント、ハクサンムーン
ティーハーフ、ウリウリ、コパノリチャードなどなど・・・

力が均衡しており、混戦模様となりそうですので、
どのような一戦となるのか楽しみです。

今週の一押し競馬予想サイト!

  • 5/31 東京11R 三連単で128,500円。
    今週は重賞レースを含む多くのレースを的中、無料で使えるコンテンツが豊富なので試す価値あり。
    無料予想も的中率・回収率共に文句なしです!

  • 5/31 東京11R 三連単で431,760円
    予想の精度には誰もが驚くはず。多くの情報を取り扱う競馬予想サイトの新星です。
    無料予想の精度に申し分はなく、回収率も高いのでかなりオススメ。

  • 5/31 京都3R 三連単で577,260円。
    今週も多くのレースを的中。安定して収支が増えるので競馬で稼ぎたい人にもってこいのサイト。
    無料予想はレース選びから的中率まで文句なしです!

  • 5/31 東京3R 三連単で551,880円。
    今週は7レースの的中を実現。安定感抜群の予想精度は文句の付けようがありません。
    うま屋総本家は3連単予想に優れているので一攫千金を狙うなら絶対ココ