よく当たる競馬新聞をランキングでご紹介!メリット・デメリットも解説!

当たる競馬新聞ランキング サムネイル

みなさんこんにちは。ガチ競馬の管理人です。

今回は、よく当たる競馬新聞をランキング形式で解説していきます。

競馬新聞はお金が掛かる上に数多く存在しているため、いろいろ買うわけにもいきません。

可能なら選りすぐりの新聞でラクに稼ぎたいでしょう。

この記事では実際に私が検証をした結果を踏まえて、ランキングにしています

競馬で稼ぎたいという方は、ぜひ最後までお付き合いください。

当たると評判がある競馬新聞と予想家を比較!

現在、競馬の情報を入手できるのは新聞だけではありません。

ユーチューバーや予想サイトなど、いろいろな所から情報を手にできます。

競馬新聞は他の予想家と比べて、実績を残しているのか。

私が使った結果を比較していました。

予想家 コンテンツ 戦績 的中率 回収率 合計払戻金
プラチナム 予想サイト 15戦10勝5敗 66% 758% 1,137,200円
ケイバ一番星 予想サイト 22戦19勝3敗 86% 439% 965,8120円
ニートボクロチキン YouTuber 9戦2勝7敗 22% 201% 90,450円
東スポ 競馬新聞 24戦9勝15敗 37% 200% 87,800円
勝馬 競馬新聞 30戦6勝24敗 20% 113% 35,360円

5つのコンテンツを使って、好成績を残せたのは”プラチナム””ケイバ一番星”という予想サイトでした。

”プラチナム”は回収率758%を維持し、100万円を超える払戻金を獲得!

1回の払戻金に期待ができる予想を公開してくれます。

もう1つの”ケイバ一番星”は20戦以上して的中率は86%をキープ。

負ける可能性が低く、リスクを抑えて稼ぐことができます。

ちなみにこの2つの予想サイトは無料で使うことが可能

競馬新聞だけで勝負をしてきた方は、これらの予想サイトの利用も検討してみて下さい。

よく当たる競馬新聞をランキングでご紹介!

実際に競馬新聞を使って当たっているかはもちろん、使いやすさや特徴も踏まえてランキングにしています。

既に競馬新聞を使っているが勝てない方、これから使おうとしている方はぜひ参考にしてみて下さい。

第5位:勝馬

当たる競馬新聞ランキング5

新聞名 勝馬
値段 550円
種類 専門誌
戦績 30戦6勝24敗
的中率 20%
回収率 113%
馬券代 31,300円
払戻金 35,360円
メリット 回収率は100%を超えている。利益面を重視している。
デメリット 的中率が低い。地方競馬は弱いイメージがある。

情報に特化した専門誌。

回収率は100%を超えており、収支はプラスです。

直近の成績では2024年5月11日の東京6レースで93,280円の払戻金を獲得

翌日には東京10レースで22,870円を当てたそうです。

私が使った際には的中率は低めでしたが、タイミングによって連日使っても勝ち続けられる可能性があります。

第4位:スポニチ

当たる競馬新聞ランキング4

新聞名 スポニチ
値段 160円
種類 スポーツ紙
戦績 30戦11勝19敗
的中率 36%
回収率 135%
馬券代 42,500円
払戻金 57,370円
メリット 利益を得られている。価格がリーズナブル。
デメリット 的中率が低く、3回に1度しか当たらない。

4位になったのはスポーツ紙。

そんなスポニチは出走時間順に馬柱が掲載されています。

さらに馬券師たちだけでなく、競馬好きで知られる「インスタントジョンソンのじゃい」や「こじはる」などの著名人の予想も閲覧可能

スポーツ紙という事もあり、汎用性がある新聞と言えます。

玄人だけでなく、競馬初心者にも読みやすい物となっているので、おすすめです。

第3位:競馬ブック

当たる競馬新聞ランキング3

新聞名 競馬ブック
値段 550円
種類 専門誌
戦績 33戦11勝22敗
的中率 33%
回収率 189%
馬券代 38,900円
払戻金 73,520円
メリット 過去の同レースからデータ分析し穴馬を狙う。
デメリット 中央競馬を3会場行う際には2会場のみ掲載。

競馬ブックでは中央競馬と地方競馬の予想が掲載されています。

予想は過去20年分のレースを分析したデータを使い、穴馬を狙った予想を公開。

回収率は189%と高く、稼ぐにはもってこいの新聞です

ちなみに予想はもちろん、予想の見解や関係者情報も掲載されているので初心者には勉強になる内容となっています。

第2位:東スポ

当たる競馬新聞ランキング2

新聞名 東スポ
値段 180円
種類 スポーツ紙
戦績 24戦9勝15敗
的中率 37%
回収率 200%
馬券代 43,900円
払戻金 87,800円
メリット 重賞に関する内容が多く掲載されている。
デメリット メイン以外の予想が少ない。

公開される予想は重賞や注目度の高いレース。

難易度が高いレースではありますが、しっかりと狙って高配当を当てています。

たった180円でこのクオリティーを出せるのは、見事です。

おそらくスポーツ紙の中ではトップレベルの実力

競馬初心者や競馬に少し興味がある方でも安心して使えますので、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

第1位:競馬エイト

当たる競馬新聞ランキング1

新聞名 競馬エイト
値段 550円
種類 専門誌
戦績 26戦12勝14敗
的中率 46%
回収率 256%
馬券代 39,500円
払戻金 101,120円
メリット 予想の精度が高く、稼ぎやすい。
デメリット 競馬玄人向けのコンテンツが多い。

最もおすすめしたのは「競馬エイト」です。

実際に使った結果、回収率256%を叩き出し10万円を超える払戻金を獲得

公開される予想の精度は高く、継続して利益を得る事ができました。

そんな競馬エイトは調教の状態が分かる競馬新聞です。

馬の調教状態が分かるという事は、事前に調子が良い馬が分かるため注目度の高い馬を知る事ができます。

他にはない予想方法で結果を残しているので、関連性は高いでしょう。

競馬エイトの詳しい情報は別記事にてご紹介しています。

競馬新聞の基本情報をご紹介!

そもそも競馬新聞とは、競馬の予想をまとめた新聞であり予想や競馬に関する情報が掲載されています。

競馬新聞 トップ

競馬の予想はもちろん、競馬好きなら嬉しい専門家の意見など様々な情報が掲載されており、読み応えは十分。

原則、競馬の開催日や開催日の前日の夕方からコンビニや競馬場の売店で購入が可能です。

実際に、競馬新聞の予想を参考に馬券を購入している方も多く、競馬場には新聞を片手に観戦する人の姿も見受けられます。

競馬好きの方であれば、1度は購入したことのあるアイテムでしょう。

専門誌 スポーツ紙
価格 500円前後 150円前後
対象レース 全レース メイン・重賞レース
情報量 多い 少ない
見やすさ やや見づらい 見やすい

それぞれに良いところと悪いところが見られます。

では、そんな競馬新聞には一体どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

競馬新聞のメリットとデメリットを解説!

まずは、競馬新聞のメリットからご紹介していきます。

競馬新聞を購入するメリット

競馬新聞を購入するメリットは大きく分けて3つあります。

  • 安価な料金で多くの情報を得ることができる
  • 紙に直接ペンなどで書き込みができ確認がしやすい
  • 評論家や予想師などのコラムが読めたりする

1つずつ解説していきます。

安価な料金で多くの情報を得ることができる

1つ目は、情報料金に対して得られる情報が多いということです。

出走表や馬番号はもちろん、予想印に距離別の成績など書ききれないほどの情報量。

そのため、自身で予想を当てられるようになりたいという方にとっては勉強のために購入するのもありでしょう。

しかし、反対に見方に癖があるものもあるので注意が必要です。

紙に直接ペンなどで書き込みができ確認がしやすい

競馬新聞は、当然紙でできています。

そのため、赤ペンなどで情報の書き込みが安易にでき、使いやすいのが特徴。

反対に、雨などの水気には弱いので扱いに注意しましょう。

評論家や予想師などのコラムが読めたりする

競馬新聞ごとによりけりですが、評論家や予想師のコラムが掲載されている場合が多いです。

競馬のプロがどういった目線でレースを見ているかを知ることができる貴重なコンテンツ。

このコラム目当てに競馬新聞を購入する方もいるようです。

競馬新聞を購入するデメリット

競馬新聞を購入する際のデメリットもご紹介します。

  • 毎回料金がかかる
  • 選択肢が多すぎる

こちらも1つずつ解説していきます。

毎回料金がかかる

当然ですが、競馬新聞の購入にはお金がかかります。

高くても500円ほど出せば購入できますが、それを毎週末買うとなるとトータルの出費はかなりの金額に・・・

もちろん利益を獲得することができれば問題ないですが、毎日プラス収支になる可能性は低いでしょう。

それを踏まえて考えると、競馬新聞の購入はメリットだけではありません。

選択肢が多すぎる

競馬新聞は複数の会社が発行しています。

実力差はあまりなく、どの新聞を選べばいいか迷ってしまう方が多くいます。

加えて、各新聞ごとに本命や相手馬が異なるので、選択肢はかなりの数に・・・

「あっちの新聞ならあたっていたかも」

など、悔しい状況になることも考えられます。

全16紙の競馬新聞の的中率と回収率を比較してみた!

続いては各競馬新聞の予想の結果を比較していきます。

これから使う方は実際に使う事を想像しながら、参考にしてみて下さい。

新聞 戦績 的中率 回収率 馬券代 払戻金 利益
競馬エイト 26戦12勝14敗 46% 256% 39,500円 101,120円 +61,620円
東スポ 24戦9勝15敗 37% 200% 43,900円 87,800円 +43,900円
競馬ブック 33戦11勝22敗 33% 189% 38,900円 73,520円 +34,620円
スポニチ 30戦11勝19敗 36% 135% 42,500円 57,370円 +14,870円
勝馬 30戦6勝24敗 20% 113% 31,300円 35,360円 +4,060円
優馬 30戦10勝20敗 33% 110% 39,000円 42,900円 +3,900円
日刊ゲンダイ 30戦4勝26敗 13% 106% 46,000円 48,900円 +2,900円
デイリースポーツ 30戦4勝26敗 13% 105% 37,200円 40,100円 +2,900円
日刊競馬 30戦9勝21敗 30% 105% 39,000円 41,000円 +2,000円
サンスポ 30戦5勝25敗 16% 102% 40,000円 41,000円 +1,000円
夕刊フジ 30戦8勝22敗 26% 98% 26,000円 25,600円 -400円
ケイユウ 30戦7勝23敗 23% 93% 42,000円 39,400円 -2,600円
スポーツ報知 30戦8勝22敗 26% 28% 39,000円 11,300円 -27,700円
競馬研究 30戦9勝21敗 30% 67% 48,000円 32,500円 -15,500円
日刊スポーツ 30戦6勝24敗 20% 63% 42,000円 26,500円 -15,500円
馬三郎 30戦3勝27敗 10% 70% 38,000円 26,900円 -11,100円

それぞれ検証をしましたが、同じ競馬新聞と言っても結果は大きく変わりました。

その中で最も稼ぐことができたのは「競馬エイト」。

回収率は256%を叩き出しました。

知名度のある競馬新聞や評判を見て、選ぶよりも私が使った結果を参考に選んでみて下さい。

競馬新聞のまとめ

ここまで競馬新聞について検証してきました。

使う新聞を誤ると、稼ぐどころか大きく損をしてしまいます。

これから競馬新聞を使う方、使う新聞を間違えて負けた方は先程、ご紹介したランキングを参考にしてみて下さい。

また競馬予想は新聞に限らず、他の予想家たちも公開しています。

特に冒頭でご紹介した予想サイトはとんでもない結果を残しているので、合わせて参考にしてみて下さい。

よく当たる競馬新聞をランキングでご紹介!メリット・デメリットも解説!の口コミ